小児がん

  1. 小児がんに対しての妊孕性温存について

    小児がん、というのは、小児がかかるがんの総称を指します。その中でも多いものとしては、白血病が約40%を占め、脳腫瘍、骨軟部肉腫、神経芽腫などが挙げられます。日本においては、年間で約2500人ほど発生しており、15歳未…

PAGE TOP