多嚢胞性卵巣症候群

  1. 未成熟卵子成熟体外培養(IVM)

    卵巣刺激を行うことが体に負担になる場合に採用される培養方法で、未成熟卵成熟体外培養(In Vitro Maturation=IVM)という方法があるのをご存知でしょうか。主に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で主な適応となります…

  2. 不妊治療の副作用 -卵巣過剰刺激症候群-

    不妊治療の副作用について解説していきます。妊娠率の高さから、まるで魔法のように思う方もいらっ…

  3. 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)について

    多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、排卵障害に多く見られる症状です。卵胞が一定の大きさには育…

  4. AMH(抗ミュラー管ホルモン)について

    卵子が数に限りがあることは知られています。つまり、残されている量によって、妊娠できる可能性の…

PAGE TOP