注目情報

  1. アルキル化化学療法に対してGnRHゴセレリンの使用

    妊孕性温存ではいま様々な試みがされています。特に世界的にも増加傾向にある乳がんについても同様です。乳がんなのに、なぜ卵巣機能がなくなるのか?と思われる患者さまが多いのですが、メ…

  2. IVM(未成熟卵子の成熟体外培養)の治療スケジュールが変わります

    当院では、PCOSの患者さんに向けて、IVMを実施しています。これまでIVMについては、以下…

  3. レスベラトロールは加齢マウスと高齢女性の卵子体外成熟を改善する

    仙台院の五十嵐秀樹院長の寄稿です。当院では様々なサプリメントを提供し、患者さんにとってより良…

  4. 黄体ホルモン製剤を活用した新しい調節卵巣刺激法について

    日本でも徐々に卵巣予備能が正常であれば、調節卵巣刺激を行うというのが、セオリーになってきてい…

  5. 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が閉経後与える女性の健康面への影響

    最近の特集では、不妊症が与える健康への影響について、記載されています。生殖年齢(18-45歳…

PAGE TOP