注目情報

  1. 治療の費用対効果:タイミング、人工授精、クロミフェン、ゴナドトロピン

    不妊治療を行う上で、費用の比較はとても大切な問題です。特に日本の場合、一般不妊治療は保険で賄われ、人工授精から先の治療については、自由診療となります。人工授精から体外受精の価格差はおおむね30-40万円とかなり大きなものとな…

  2. PGT-Aの必要性とカウンセリングについて

    先日、日本産科婦人科学会が開催した着床前診断 -PGT-A特別臨床研究の概要と今後の展望-…

  3. 改めて考える精子の重要性

    不妊治療を行う上で、とかく男性の存在は軽視されがちです。確かに身体的な侵襲の多くは女性が受け…

  4. 卵子凍結の成績から見る卵子凍結の現状

    卵子凍結は世界各国で行われています。一つは、日本では社会的適用、と呼ばれるもので、自…

  5. 精液チェックアプリに期待される役割

    最近では男性の不妊治療への参加も徐々に増えてきており、さらにそうした動きを進めていくために、…

PAGE TOP