注目情報

  1. 原因不明不妊の方への刺激周期-人工授精の有効性について

    35歳未満で原因不明性の不妊である場合、タイミング、卵巣刺激法、人工授精という風にステップアップしますが、排卵障害がみられる場合などには、軽度の卵巣刺激を行いながら、人工授精を行うことがあります。今回紹介する論文は、…

  2. ルトラール法Vs.アンタゴニスト法のランダム化比較試験実施について

    高輪院におかかり中の方々へのご案内となります。当院では、12月より、ルトラール法Vs.アンタ…

  3. 当院での前向き研究について:採卵針の違いによる採卵成績と疼痛評価

    先日、以下にて採卵針の違いによる患者さんが感じる痛みの差や採卵の成績についてご紹介しました。…

  4. モザイクを有する胚の移植後の妊娠率や流産率

    着床前スクリーニング(PGT-A)に関する海外の論文について紹介します。今回紹介する論文は以…

  5. 閉鎖型デバイスを用いた新たな凍結保存法

    当院の培養部で行っている研究・技術について紹介します。今回は閉鎖型デバイスを用いた新たな凍結…

PAGE TOP