注目情報

  1. 着床前診断実施後の児の成長について

    重篤な遺伝性疾患および均衡型相互転座による習慣流産を避けるため、着床前診断が実施されます。受精卵から見れば、受精卵への侵襲(ダメージ)として、体外受精<顕微授精<着床前診断(一部の細胞を採取して分析するため)…

  2. 不妊治療のはじめの一歩:喫煙習慣について

    最近では分煙や禁煙と言われ、喫煙できる場所が減ってきております。煙草もどんどん値上がりし、喫…

  3. 多発性嚢胞腎のための着床前診断の実施についての論文

    昨年末に当院では、日本産科婦人科学会の着床前診断(従来のPGD、現在のPGT-M&SR)の認…

  4. 当院での卵巣組織凍結の論文発表について

    がん等の病気を治すための治療の副作用によって妊娠する力(妊孕性)が損なわれてしまうことが指摘されてい…

  5. 不妊症の女性は癌になりやすいのか

    不妊症の女性はがんになりやすいのか、これまで様々な話がされていますが、特にホルモン受容体陽性…

PAGE TOP