注目情報

  1. 多発性嚢胞腎のための着床前診断の実施についての論文

    昨年末に当院では、日本産科婦人科学会の着床前診断(従来のPGD、現在のPGT-M&SR)の認定施設となりました。実際の患者さんの例として多いのは、PGT-SR(均衡型相互転座による習慣性流産)の患者さんへの対応ですが、…

  2. 当院での卵巣組織凍結の論文発表について

    がん等の病気を治すための治療の副作用によって妊娠する力(妊孕性)が損なわれてしまうことが指摘されてい…

  3. 不妊症の女性は癌になりやすいのか

    不妊症の女性はがんになりやすいのか、これまで様々な話がされていますが、特にホルモン受容体陽性…

  4. デスクワークが精子の質を低下させる可能性

    ここ数十年の歴史の中で、年々精子の質は低下していると考えられています。様々な要因が推測されま…

  5. 妊活中の運動について

    妊娠するために大切な卵巣の状態をよくするには、血流を良くして卵巣へ栄養を届けることが重要です。…

PAGE TOP