妊孕性温存について考える

  1. 当院での卵巣組織凍結の論文発表について

    がん等の病気を治すための治療の副作用によって妊娠する力(妊孕性)が損なわれてしまうことが指摘されています。そこで、病気の治療を始める前に妊娠する力(妊孕性)を温存することで、将来妊娠する可能性を残すことができます。当院では妊…

  2. 不妊症の女性は癌になりやすいのか

    不妊症の女性はがんになりやすいのか、これまで様々な話がされていますが、特にホルモン受容体陽性…

  3. 女児小児がん患者のその後の妊孕性について

    小児がんはがん治療技術の発展に伴い、治療後の生存率が飛躍的に高まっています。小児がんの多くは…

  4. 第9回 日本がん・生殖医療学会 最優秀演題賞を受賞しました!

    昨日まで岐阜で開催された第9回日本がん・生殖医療学会にて、当院培養部の木戸葉澄が最優秀演題賞…

  5. 第7回HBOCコンソーシアムに参加して -前半-

    昨日は、慈恵医大にて第7回HBOCコンソーシアムが開催されました。昨年から参加者は2倍以上に…

PAGE TOP