よくある質問

体外受精 いつから始めればよいの?

よくある質問の一つに

「何歳から体外受精にチャレンジすればよいですか?」

ということがあります。

 

 

昨今、「やめどき」が論じられることも多いですが、「はじめどき」「始め方」は非常に重要です。

レポートデータから考えたときの推計となりますが、ひとつヒントになるものがあります。

 

海外の論文データから見る、最適な治療のモデルケース


Goldmanらの論文では154組のカップル、38-42歳の方々を対象にして

人工授精で妊娠しなければ体外受精、あるいは体外受精からスタートの二つ

の方針のもと治療を行いました。

その2周期の妊娠率と出産率を比較したものとなります。

 

 

 

人工授精から始めた方

妊娠率が21%、出産率は15%という結果となりました。

参考:人工授精について

体外受精から始めた方

妊娠率が49%、出産率が31%となりました。

参考:体外受精について

 

 

体外受精を始める時期を考える上でのヒントとは?


要点を整理する

合計してみると、計46%のカップルが出産に至ったということですが、

その80%は体外受精によるものであったということです。

実際に女性の妊孕性は、35歳からそれまでとは違う鋭い角度で減少していき、

38歳を境に加速度的に減少します。

そうした背景も関係しているのでしょう。

 

また、人工授精は体外受精と比べた際に、

受精したかどうか

胚盤胞まで育ったかどうか

などを確認することができません。

そのため、こうした差につながると思われます。

 

体外受精、いつ始めるかのまとめ


こうしたレポートから導き出せることは

  • 38歳から42(3)歳

  • 即開始か、人工授精はせいぜい2周期までで妊娠しなければ体外受精

  • 6周期以内に約半数が出産

ということで、一つの参考にしてみるのもよいと思います。

ただ、個人によって状況は異なります。

例えばAMHが非常に低く、採卵数が多く望めない場合には、少し早まると考えてもよいですし、

男性不妊因子がある場合には、はじめから体外受精以上の選択肢しかないわけですから、

この件は参考にならないとも言えます。

 

もとをただせば、ライフプラン次第であり、診断次第ということなのかもしれません。

妊活や不妊治療を行う前に、パートナーや医師やスタッフとよく相談されると良いと思います。。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 育毛剤(プロペシア:フィナステリド)は精子に悪影響ですか
  2. ART治療における卵巣刺激
  3. 妊娠のための努力は必要でしょうか?
  4. 人工授精の注意点や体外受精との違いについて
  5. 病院選びのポイントについて 
  6. 不妊治療を始める前にしてほしいこと
  7. 妊娠率についての誤解 その②
  8. 飲酒と男性不妊について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP