注目情報

保険適用移行期の助成金の経過措置について(東京都からの情報提供)

現在、不妊治療の保険適用化に向けて、制度が移行する期間の経過措置案について情報が届いています。

※現時点ではあくまでも案という位置づけのようです※

 

先日の中医協の発表にも一部記載されておりましたが、助成金について記載されています。

 

治療の開始が令和4年3月31日までのものについては、4月以降になっても、1回分の助成金を支給する

 

という内容です。

 

これまで、3月までに治療を終えないといけない、という風に考えられてしまい、

治療したいのだけど、どうしようというお問い合わせも多くいただいておりましたが、

この措置が実現すれば、制度の以降を原因に不妊治療の実施を遅らせる必要はありません。

 

現時点の情報では、回数制限もあるように報道されていますので、助成金制度については有効に活用されることをおすすめします。

女性にとって、大変酷なことに女性の加齢により、治療成績は大きく変わってしまうのが実情です。

現在の制度をよく理解いただき、ご自身にとってベストな治療計画を立ててみて下さい。

ご相談のある方はいつでもスタッフまでお申し付け下さい。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 精巣内精子回収術(TESE)を行う男性不妊患者への情報提供のあり…
  2. BMIと精液検査の結果について(中国からの報告)
  3. 2細胞期から3細胞期への分割時間と胚発生に関する検討
  4. 当帰芍薬散や柴苓湯の免疫性不育症への効果について
  5. 採卵時に用いる針の太さと痛みや出血について
  6. 何歳まで妊娠できますか?
  7. 酸素濃度とミトコンドリアの関係
  8. 生産率が最も高くなる採卵数は25個 -欧州からの最新報告2018…

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP