注目情報

精液検査の基準値の変更について(WHOマニュアル改訂)

WHO laboratory manual for the examination and processing of human semenの第6版が発表され、10年ぶりに精液検査の基準が変更となりました。

 

 

項目 下限基準値
第5版(2010年) 第6版(2021年)
精液量 1.5㏄ 1.4㏄
精子濃度 1500万/ml 1600万/ml
総精子数 3900万 3900万
運動率 40% 42%
前進運動率 32% 30%
生存率 58% 54%
正常形態率 4% 4%

WHO laboratory manual for the examination and processing of human semen, 6th edより一部抜粋

 

当院で患者様にお渡ししている精液検査の結果の表記については順次書面のupdateを行います。

第5版から精液検査の下限基準値は「1年以内にパートナーが自然妊娠した男性の精液所見」をもとに決められていました。

短期間で自然妊娠した男性のうち、精液所見の低い下位5%を不妊の男性の境界線として基準値としているとされています。第6版でもその基準は変わりませんでした。

ここから少し第5版から第6版への変更点や、追加点などをご説明いたします。

 

基準値の変更点の要約


今回の大きな変化としては、精液の特殊検査についての記載が増えました。

これらは主に精子の「」を示す検査であり、精子の形態に対する詳細な検査や、遺伝学的な検査、精液の酸化ストレス検査、精子のDNA断片化の検査などを含みます。

不妊治療の成績に影響を及ぼす精子の質に関するパラメーターの評価を重要視していることが見て取れます。

検査の中には大学の研究室レベルでないと行うことが難しいものも含まれていますが、当院としては数年前よりDNA断片化の検査や酸化ストレス検査を導入しており、体外受精の成績が芳しくない患者様の治療方針の策定や、精索静脈瘤の治療効果の判定など、様々な場面に活用しております。

その他の変更点は第5版では調査地域はヨーロッパ、アメリカ、オセアニアのみでしたが、今回の第6版ではアジア、アフリカを加え、より全世界的なデータとなっている点が挙げられます。

下限基準値に変化はありましたが大きな変化というほどのものではありません。

精液検査の基準値を見るうえで重要なことは、基準値は妊娠可能な男性と妊娠しにくい男性の間の明確な境界線として使用することはできないということです。基準より高くても妊娠しにくい場合もあれば、低くても自然妊娠が成立することもあります。あくまで一つの指標として考慮するのがよいと考えます。様々な報告などを見ても、おそらく標準的な精液所見のみで妊娠を予測すること自体が難しいのではないかと思います。

男性の不妊治療と女性の不妊治療を連続した解釈で進めることがより重要視されてきたことを感じました。

当院でも「夫婦一緒の治療」を推進し、今後も最新の知見や検査、治療法を取り入れながら、世界レベルの不妊治療を提供できるように研鑽していきたいと思います。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 第20回日本IVF学会学術集会 森本賞受賞
  2. 男性の下着(トランクス)と精液所見の関係性について
  3. 心理カウンセリングについてのよくある質問について
  4. ステップアップは人工授精か体外受精か
  5. 【告知:高輪院】自己注射指導のビデオ指導化について
  6. レトロゾールやアナストロゾールなどのアロマターゼ阻害薬について
  7. 肥満と不妊の関係について
  8. 膣内細菌叢(フローラ)とラクトフェリンの関係

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP