コラム

妊娠の報道で心がざわざわしてしまう方へ

こんにちは、生殖心理カウンセラーの菅谷典恵です。

先日、著名な方の妊娠の報道がありました。
カウンセリングにお越しになる患者様が、その話題について語られることが多いです。

「なんかショックだった」

「ざわざわしてしまい、しばらくぼーっとしてしまった」

「夫に話しても全然ピンと来てない様子だった」

「おめでたいことなのに、お祝いできる心境になれなくてそれもつらい」

「年齢を考えると、授かり婚がうらやましすぎる」

ニュースを見たり読んだりした感想は、このような感じですよね。
このように思えて当然です。
良い意味ばかりでとらえることができないのは、何も悪いことではないと思います。

しかし、少し視点を変えてみると、

・うらやましいけれど、ご本人たちの置かれた環境は意外に過酷なのではないか。

・あの人が妊娠したからといって、私の妊娠に影響があるわけではない。

などとも見えてきます。

ご自分が素直に感じる気持ちを、そのまま受け止めてあげて良いと思います。

ショックなのは当然ですが、今のご自分がそう感じるのは当たり前です。

そして、このジャンルの話題は、ご夫婦間で共有しにくいものなのです。

男性は「人は人でしょ」と考えることが多く、この話をするとまるで自分がひどい人のように感じられることもあります。

(ここにも男女の思考の差は出てきます。違いであって、良し悪しではありません。)

したがって、この話題はご家庭内ではなく、カウンセリングルームにお持ちください。

思っていることを話すことによって気持ちに整理になり、気分がとてもすっきりします。

ご自分にもぜひ優しい気持ちで接してあげましょう。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

菅谷典恵

菅谷典恵

投稿者の記事一覧

臨床心理士、生殖心理カウンセラー、がん・生殖医療専門心理士
京野アートクリニック(仙台、高輪)にて生殖心理カウンセリングを担当。
治療のことはもちろん、仕事と治療の両立、ご夫婦の考えの温度差、あらゆる人間関係など、どのようなご相談でもお受けしています。
治療もプライベートも快適に過ごすためのサポートとなるようなカウンセリングを目指しています。

関連記事

  1. 生殖心理カウンセリングコラム:ドラマ「隣の家族は青く見える」第4…
  2. 習慣性流産・不育症の方は精神的ストレスが高いのか
  3. 生殖心理カウンセリングコラム:オフのすすめ
  4. 投稿500回目!いつもありがとうございます!!
  5. 生殖心理カウンセリングコラム:ドラマ「隣の家族は青く見える」第3…
  6. よくある質問「冷え性は妊娠しにくいですか?」  
  7. 受付部での取り組み 接遇研修その②
  8. 消毒についての研修

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP