コラム

生殖心理カウンセリングコラム 田辺聖子さんの言葉

こんにちは、生殖心理カウンセラーの菅谷典恵です。

 

先日、作家の田辺聖子さんがお亡くなりになりました。彼女の作品は何冊か読んだことがあります。

主人公の女性たちが活き活きと描かれていて、感情移入しながら読み進められるものが多いと思います。

 

その中でも私が好きなのは

「上機嫌の才能」

です。

 

田辺さんのたくさんの作品の中から、なるほどという言葉をより抜いた随筆です。

この本で

「人間の最上の徳は、人に対して上機嫌で接すること」

というフレーズを初めて読んだ時、衝撃を受けました。

私自身もそうでありたいと思い、心に刻んでいます。

 

珠玉の言葉が詰まった本ですが、あえてもう一つ好きな言葉を選ぶとすると

「生きたいように、生きなければ」

というものです。

 

田辺聖子さんご自身も、このように生きてこられたのだと思います。

私もぜひあやかって

「上機嫌で、生きたいように生きよう」

と思います。

 

最後にもう一つ、このフレーズはもともと()に入っているのですが、そこがポイントです(笑)

(夫婦でも、お芝居けを出してウマを合わせたげる必要はある)

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

菅谷典恵

菅谷典恵

投稿者の記事一覧

臨床心理士、生殖心理カウンセラー、がん・生殖医療専門心理士
京野アートクリニック(仙台、高輪)にて生殖心理カウンセリングを担当。
治療のことはもちろん、仕事と治療の両立、ご夫婦の考えの温度差、あらゆる人間関係など、どのようなご相談でもお受けしています。
治療もプライベートも快適に過ごすためのサポートとなるようなカウンセリングを目指しています。

関連記事

  1. 生殖心理カウンセリングコラム 妊活中で冷えが心配な方へ
  2. 京野アートカフェ開催レポート
  3. 生殖心理カウンセリングコラム:ドラマ「隣の家族は青く見える」から…
  4. 不妊治療っていつまで続けるんだろうって思ったときに
  5. 問診票からわかること
  6. 妊活中のパートナーとのコミュニケーション -女性編-
  7. 生殖心理カウンセリングコラム 親戚はなぜ子どものことばかり聞いて…
  8. 生殖心理カウンセリングコラム:セックスレスでお悩みの方へ

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP