注目情報

精子のDNA損傷は妊娠に対してどのような影響があるか

精子のDNA損傷がどのように妊娠に対して影響があるのか、について解説します。

精子のDNAは、活性酸素によってダメージを受けることで知られています。

精子にDNA損傷があると、どのような影響があるのか、という点について文献から紹介します。

 

精子のDNA損傷は妊娠の遅延、着床率の低下に影響がある


以下の論文を紹介します。

Double-stranded sperm DNA damage is a cause of delay in embryo development and can impair implantation rates

AidaCasanovas et al.,

Fertility and Sterility, Volume 111, Issue 4, April 2019, Pages 672-673

43組の不妊症カップルからの196個の胚を対象として、二重盲検での前向きコホート研究を実施しました。

一本鎖DNAフラグメント(ssSDF)と二本鎖DNAフラグメントdsSDFを、細胞質内精子注入に使用したのと同じ精液サンプル中で分析し、

タイムラプス技術を用いて胚の動態をモニターし、各胚分裂のタイミングを測定しました。

対象となった胚を低dsSDFおよび高dsSDFと比較すると、統計的に有意なデータを分割すると、

高dsSDF胚において、第二極小体、T4、T8、桑実胚および初期胚盤胞率の発生タイミングにおいて遅延が確認され、着床率は低下しました。

ssSDF間においては、胚の動態および着床率は有意な影響を受けませんでした。

 

一般に、精子のDNA損傷は受精卵へと発生していくプロセスにおいて、卵子の酵素によって修復されることが知られています。

DNA damage and repair in human oocytes and embryos: a review.

Ménézo Y

Zygote. 2010; 18: 357–365

しかしながら、女性が35歳を過ぎていくと、この修復機能の低下も確認されており、男性の年齢が上昇すると、より一層妊娠率が低下することが知られています。

 

精子のDNA損傷は、喫煙や肥満、糖尿病などの生活習慣によるもの、精索静脈瘤による影響などが挙げられます。

不妊治療を受ける上では、男性の生活習慣の改善も欠かせないものと考えられています。

 

 

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. モザイクを有する胚の移植後の妊娠率や流産率
  2. 男性の下着(トランクス)と精液所見の関係性について
  3. 高齢女性の採卵数と累積出産率の関係
  4. 高輪院:お薬BOOK正式リリース!
  5. 子宮内膜症の治療に臨む女性が抱えるジレンマ
  6. 標準的な移植方法は凍結融解胚移植
  7. 精巣にもフローラがあるという話
  8. [培養環境]酸素濃度(酸素分圧)について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP