注目情報

着床前診断実施後の児の成長について

重篤な遺伝性疾患および均衡型相互転座による習慣流産を避けるため、

着床前診断が実施されます。

受精卵から見れば、受精卵への侵襲(ダメージ)として、

体外受精<顕微授精<着床前診断(一部の細胞を採取して分析するため)

となります。

もちろん、安全性を検証しながら実施しますが、

出生後のことや数年後どのように成長するのかについては、

実際に生まれたお子さんをフォローアップするしか方法がありません。

 

今回はPGD(現在のPGT-M&SR)を通じて生まれたお子さんのその後の成長についての報告を紹介いたします。

当院は日本産科婦人科学会認定の着床前診断実施施設となりました

 

着床前診断を通じて生まれた子のその後の成長


Fertility and Sterilityでは以下のような記事が紹介されています。

Reassuring data concerning follow-up data of children born after preimplantation genetic diagnosis

Ermanno Greco et al.,

ここではこれまで様々な形で紹介された着床前診断および生殖補助医療で生まれたお子さんのその後の成長についてまとめています。

Sunkaraらの報告では、PGD​​またはIVF /卵細胞質内精子注入(ICSI)サイクル後に得られた88,010人の赤ちゃんの出生について行われた分析では、

女性の年齢、処置、不妊症の診断、前試行回数、取得された卵母細胞の数、授精法、およびETの日の期間、などの交絡因子の調整後でさえもPGDが行われたことによる

早産または低出生体重のリスクの増加はなかったと報告しています。

しかしながら、この研究は凍結胚移植を考慮に入れずに、新鮮な移植サイクルに関するデータのみを報告していますので、追加での検討が必要であるとしています。

 

Heijligersらは遺伝性疾患を有する家族において、PGDの後に生まれた5歳の子供とARTの後に生まれた同年齢の子供との健康と成長を比較した。

身長、体重、体周、肥満度指数、血圧を測定し、PGD、IVF / ICSIの103、90、および58人の小児における主要および軽度の先天性異常の存在に焦点を当てて、異形および神経検査を行った。

NCグループ。3つのグループ間で平均身長、体重、およびボディマスインデックスに差はありませんでした。

同様に、急性および慢性の病気の頻度はすべてのグループで同程度でした。

同様の主要な先天性異常率が観察された:PGD、IVF / ICSI、およびNCグループで5.8%(6人の子供)、4.4%(4人の子供)、および8.6%(5人の子供)

重大な先天異常と軽い先天異常の間の相関は報告されていません。

運動能力を分析すると、平均座位年齢のみがIVF / ICSI群においてわずかに予想されたが、平均歩行年齢および話す年齢は全ての群間で同程度であった。

要約すると、PGDの後に生まれた子供たちは遺伝病のある家族でIVF / ICSIとNCの後に生まれた子供たちと同様の成長、健康、および運動発達を示し、

少なくとも最初の5年間は健康リスクは上昇していなかった。

 

Kuiperらはより長期的なフォローアップ成果を報告しています。

99人の9歳児を対象とした二重盲検無作為化試験を実施し、PGT-Aを実施した場合、神経学的、認知的、行動的発達、あるいは血圧や人体計測の測定値に違いがないことを見出した。

ただし、ART後に生まれた子供の有害な神経学的転帰の発生率は、一般の人口と比較して高かった。

(PGT-AはPGDの技術から派生して生まれた技術であると解説しています)

 

このようにして、様々な角度から着床前診断および生殖補助医療によって生まれたお子さんの健康や安全性は証明されてきています。

当院でも児のフォローアップを多くの患者さんののご協力によって実施しています。

これからも継続していければと思いますので、ご協力いただけましたら嬉しく思います。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 妊娠成績について
  2. タイムラプスイメージング型培養器による胚の発育の違いについて
  3. 驚く男性 禁欲期間と精子の質、体外受精(ART)治療成績に関しての研究
  4. メラトニンとレスベラトロールによる不妊治療への効果
  5. [培養環境]酸素濃度(酸素分圧)について
  6. より良いインフォームドコンセントを目指して
  7. ERA(子宮内膜受容能検査)の当院における研究
  8. 働き方と早発閉経のリスクについて

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP