注目情報

デスクワークが精子の質を低下させる可能性

ここ数十年の歴史の中で、年々精子の質は低下していると考えられています。

様々な要因が推測されますが、そのうちの大きな一つがライフスタイルの変化といわれます。

 

ライフスタイルの中には、

運動

食事

などがありますが、今回は仕事について取り上げている論文を紹介します。

 

デスクワークが精子の質を低下させる可能性


今回紹介するのは以下の論文です。

The impact of sedentary work on sperm nuclear DNA integrity.

Gill K et al.,

Folia Histochem Cytobiol. 2019 Mar 14.

精子は熱に弱いことで知られていますが、座位(座っている)というだけで、陰嚢の温度は上昇すると考えられています。

そのため、長時間のデスクワークは精子の質を低下させるのではないかということです。

今回の検証では、勤務時間の50%以上(週17.5時間以上)をデスクワークをして過ごした男性(n = 152)と

デスクワークが勤務時間の50%未満を過ごした男性(n = 102)の精子の質について調査しました。

標準精液の特徴はWHO 2010の勧告に従って評価され、精子核DNA断片化(SDF)はHalospermテストを用いて評価されました。

精子のDNA断片化率にのみ有意差が確認されました。(21.00% 16.50%)

半分以上がデスクワークという方は精子DNA断片化率が正常である割合は約半分(OR:0.4648)で、不良の割合は2倍以上(OR:2.2381)であることもわかりました。

 

以前から1時間に1度は立った方が良いであるとか、様々な対策が言われていますが、

長時間座り続けることは精子にとって負担があるようです。

乏精子症であったり、男性不妊症の疑いがある場合には、生活習慣から気を付けたいものですね。

これまで、男性のライフスタイルでは以下のようなものが良くみられていますので、参考にしてみてください。

男性の精子の質と地中海食の関係について

育毛剤(プロペシア:フィナステリド)は精子に悪影響ですか

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. AIDを検討する夫婦へのカウンセリング実施の必要性
  2. 高輪院:ホームページリニューアル完了のお知らせ
  3. 当院は日本産科婦人科学会認定の着床前診断実施施設となりました
  4. 膣内細菌叢(フローラ)とラクトフェリンの関係
  5. BMIと妊娠転帰
  6. 妊娠とBMIについて ~アジア人女性の肥満と妊娠までの期間との関…
  7. 未成熟卵子成熟体外培養(IVM)
  8. 妊活に適した食材の選び方「炭水化物」「脂質」「乳製品」について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP