注目情報

男性の精子の質と地中海食の関係について

男性の精子の質は年々低下していると言われています。

ライフスタイルの変化やストレスなど様々な要因が挙げられていますが、

その一つで注目されるのは食事についてです。

 

身体によい食事というと、地中海食が妊活では良く取り上げられます。

これまで、女性に関するものは以下のようなものを紹介しています。

食事(地中海食)と妊娠の関係

今回は男性の精子の質と地中海食の関係について紹介したいと思います。

 

精子の質は食事(地中海食)によって変化する?


今回紹介するのは、以下の論文です。

Mediterranean diet and the risk of poor semen quality: cross‐sectional analysis of men referring to an Italian Fertility Clinic

E. Ricci et al.,

Andrology 20 January 2019

この研究はイタリアで行われたもので、27〜60歳の男性399人を対象に行われました。

精液所見と地中海食事スコア(MDS)の関連性を調査したものです。

精液所見の基準値として用いられる

精液 1.5ml以上

精子濃度 1ml中に1500万以上

総精子数 1ml中に3900万以上

精子運動率 40%以上

正常形態精子率 4%以上

との関連性を調べたところ、全体としては、

19.3%が精子量1.5mL未満、

30.5%が精子濃度15mil / mL未満、

32.1%が総精子数39mil未満

という結果が得られました。

MDSは86人(27.8%)で低(0〜3)、131人(42.4%)で中間(4〜5)、92人(29.8%)で高(6〜9)でした。

結果として精液量はMDSと関連していなかった。

 

リスク比を比較すると、最も高いMDSカテゴリー(6-9)との比較では、精子濃度は

MDS 4-5の場合のORは1.34(95%CI 0.69-2.50)、

MDS 0-3の場合は2.42(95%CI 1.21-4.83)でした。

 

総精子数のリスク比は1.26(95%CI 0.66-2.42)および2.08(95%CI 1.05-4.12)で有意差が認められました。

これまで男性の食事と精液の質の関係では以下のようなものも紹介しています。

男性の食事のパターンと精子の質の関係

 

身体によい食事をとることは、妊娠しやすい身体づくりはもちろんのこと、

健康的な生活ともむずびついてくるのではないでしょうか。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 当院での前向き研究について:採卵針の違いによる採卵成績と疼痛評価…
  2. 鍼灸治療をお受けいただいた患者さんからのお声まとめ
  3. 着床前スクリーニングのコストについて
  4. 第6回 妊孕性温存に関する講演会
  5. PCOSに対しての排卵誘発剤の選択
  6. 世界のデータから見る日本の生殖医療
  7. 漢方の安全性について考える
  8. 葉酸と亜鉛の基礎知識

ピックアップ記事

  1. 驚く男性

こちらも注目

PAGE TOP