コラム

妊娠反応陽性が出たらどんな気持ちになる?

こんにちは、生殖心理カウンセラーの菅谷典恵です。

今回は、妊娠判定の結果が陽性になった場合の心理について考えてみたいと思います。

意外にも

「想像していたより喜べなかったです」

というお声が多いので、イメージトレーニングをしてみましょう。

 

判定の日、おそるおそる医師からの報告を聞くと、

「おめでとうございます。妊娠反応出てますねー。

hCGは○○ですね。予定日は〇月〇日です。

まだ赤ちゃんは見えないので来週またお越しください。」

うれしいですね。ぜひ聞きたい報告です。

はずむような気持ちでクリニックを出ますが、桜坂を下りながらいろいろなことが思いめぐらされてきます。

これはほんの一部分です。

  • 会社の人とか親とかに、いつ伝えたら良いんだろう?

  • そもそも伝えた方が良いのか、伝えない方が良いのか?

  • 安定期っていつから?流産の危険ていつまであるんだろう?

  • 走っていいのだろうか?帰りの電車も立ちっぱなしでもいいのか?各駅停車で座って帰った方がよいのか?

  • 晩ご飯はどうしよう?つわりっていつから始まるのかな、仕事行けるのかな?

気になることがたくさんあって大変ですね。

ほかにも、出産する病院選び、里帰りするかしないか、出生前診断はした方が良いのか?

など心配はキリがありません。

そして、この心境はほかの人と共有しにくい面があります。

治療中の方ともお腹が大きくなってきた方とも微妙に立ち位置が異なりますよね。

誰にも伝えにくい、でも常に不安が付きまとう、といった心理状態です。

カウンセリングでは判定後のご相談も多いです。

特に体外受精の方は、妊娠判定後30日以内に一度カウンセリングを無料でご利用いただけます。

(高輪クリニック限定)

陽性でも陰性でも同様です。

どちらの結果がでても心理的な負担は大きいものです。

こころの中の思いを話して確認することで、その後の一歩を確実にしていただければと思います。お気軽にお越しください。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

菅谷典恵

菅谷典恵

投稿者の記事一覧

臨床心理士、生殖心理カウンセラー、がん・生殖医療専門心理士
京野アートクリニック(仙台、高輪)にて生殖心理カウンセリングを担当。
治療のことはもちろん、仕事と治療の両立、ご夫婦の考えの温度差、あらゆる人間関係など、どのようなご相談でもお受けしています。
治療もプライベートも快適に過ごすためのサポートとなるようなカウンセリングを目指しています。

関連記事

  1. 統合医療 鍼灸治療を受けてみたスタッフの声
  2. [高輪院]ご予約・変更方法の改定について
  3. 【周りの人編】妊活のことを周りに伝えるか?伝えないか?
  4. よくある質問:治療中は楽しみなことを我慢してしまう
  5. 生殖心理カウンセリングコラム 親戚はなぜ子どものことばかり聞いて…
  6. 待ち時間対策について
  7. 受付部での取り組み
  8. [告知]妊活Start up DAY開催に向けて

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP