注目情報

不妊治療の実施に年齢制限を設けるべきかどうか

刺激的なタイトルでしたので、紹介できればと思います。

「不妊治療を求める男女に年齢制限を求めるべきか」

についての公の意見を紹介したものです。

Public perspectives on placing age limits on men and women seeking fertility treatment

Malinda S. Lee et al.,

Fertility and Sterility 

この研究では、アメリカの1427名の男女にアンケートを取り、解析を行いました。

回答者の67%が女性に年齢制限を設けることを支持したのに対し、

57%は不妊治療を求める男性に年齢制限を設けることを支持しました。

64%が、米国生殖医学協会の現在のガイドラインに従って、55歳を超えてETを実施するべきではないと同意しました。

回答者の55%が男性と女性の両方に年齢制限を設けることを支持しました。

 

 

アメリカでは、卵子提供がごく一般的に行われていることもあり、

制限対象の年齢は日本よりもかなり高い年齢になります。

不妊治療を行うということはゴールは妊娠ですが、その先には出産が待っています。

母体のリスクや産婦人科の方々の負担も視野にいれなければなりませんし、

何より生まれてくるお子さんのことを第一に考えていくことも必要となります。

 

様々な技術が出てきており、妊娠出産の可能性は高まり、妊娠可能な年齢もどんどん後倒しにできることもありますが、

より高度になるからこそ、生まれてくるお子さんのことを第一に考えた配慮が必要とされているのではないかと思います。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 子宮内膜厚を調べることの意義
  2. 改めて考える精子の重要性
  3. FT(卵管鏡下卵管形成術)の治療・妊娠成績についての論文
  4. 精液所見と生まれてくる赤ちゃんの性別の関係について
  5. 卵子凍結とは
  6. 妊活中の運動について
  7. 胚のグレードと胚移植の成功率(妊娠率)について
  8. 第62回 日本生殖医学会学術講演会・総会に参加いたします

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP