注目情報

子宮内搔爬後のヒアルロン酸を用いた治療の効果について

流産はどのような方にでも一定の確率で起こりえます。
過去に以下でも紹介しています。

出産・流産・死産後の次の妊娠までの期間について

流産の状況によっては、流産後の処置が必要となる場合があり、
その処置の一つがDC搔爬です。

ただ、このDC掻把は、子宮の内膜に傷をつけてしまう可能性があり、
炎症となってしまったり、それが転じて子宮内膜症になってしまったり、
というように影響を与えてしまうことがあります。

DC掻把後の処置として、ヒアルロン酸のゲルを用いた治療というものがあり、
その有効性を検討した研究について今回は紹介したいと思います。

 

流産手術後の加療の有無によって、その後の妊娠成績は変わるのか


今回紹介するのは以下の論文です。

Reproductive performance after the application of hyaluronic acid gel after dilation and curettage in women who have experienced at least one previous curettage: long-term results of a multicenter prospective randomized trial
Fertility and Sterility December 2018Volume 110, Issue 7, Pages 1231–1238
Angelo B. Hooker et al,.

この研究では、149名の女性を対象に、子宮内膜DC掻把後の処置を、
①ヒアルロン酸ゲルの治療あり:77名
②なし:72名

でランダムに振り分け、
術後12カ月以内の妊娠などの経過を調べ、比較検討したというものです。

その結果によると、その後の妊娠率は

治療ありの群で71%(46/64)

治療なしの群で59.7%(40/67)

となりました。

 

しかし、流産率や妊娠継続率には有意差が認められておらず、

今後も継続して、こうした結果を集め、集計していく必要性があると考えられています。

 

望むと望まざると拘わらず、一定の確率で流産は起こってしまいます。

また、悲しいことに人工妊娠中絶も非常に多くの件数が行われ、その手術が後の不妊の影響となることもあります。

 

こうした研究に加え、心のケアなどがより一層充実していくことで、

流産を経験された方の負担を軽減していければと思います。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 卵子活性化の安全性の検討:誕生した児のその後について
  2. 全胚凍結と新鮮胚移植の治療における投資対効果の比較
  3. カウンセリング体験記②
  4. 卵子凍結の成績から見る卵子凍結の現状
  5. Th1/Th2と妊娠・出産について
  6. 改めて考える精子の重要性
  7. 40歳以上の妊娠率について
  8. 不妊症だけでない、PCOSが与える妊娠後の影響について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP