注目情報

ルトラール法Vs.アンタゴニスト法のランダム化比較試験実施について

高輪院におかかり中の方々へのご案内となります。

当院では、12月より、ルトラール法Vs.アンタゴニスト法のランダム化比較試験を実施いたします。

 

以前、以下でも紹介しており、多くの方々にご覧いただきました。

黄体ホルモン製剤を活用した新しい調節卵巣刺激法について

卵巣刺激法を行う中で、現時点でBestな方法はアンタゴニスト法ではありますが、

それでも最高と言えるものではなく、一定のデメリットがあります。

その最たるものが、早発排卵です。

1周期、何時間もの仕事の調整をして、気を使い、お金を費やしているわけですが、

採卵時に一定の確率ですでに排卵してしまっているという方がいらっしゃいます。

防ぎきれるものではないのですが、とはいっても極めて負担の大きなものだと思います。

 

この早発排卵に対して有効と考えられているのがルトラール法です。

しかもこのルトラール法は内服薬ですから、注射の回数が減らせるというメリットもあります。

一方でルトラール法にもデメリットは考えられます、

アンタゴニスト程効果的な卵巣刺激ができない場合、HMG製剤を使用する量が人によっては増える可能性があったり、

卵巣過剰刺激症候群が発症する可能性が高くなる可能性があります。

 

上記のメリット・デメリットを把握したうえで、このデメリットができるだけ起こらないように日々実施していますが、

本当に有効な方法はどちらなのか、ということを比較するために比較試験を行います。

 

話を聞いてみたいという方は、医師までお問い合わせください。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 男性の肥満は男性不妊(精液量の低下、総精子数の低下)に関連する
  2. カフェイン アルコール・カフェインと不妊について
  3. 不妊症だけでない、PCOSが与える妊娠後の影響について
  4. 卵子提供について
  5. アルキル化化学療法に対してGnRHゴセレリンの使用
  6. 原因不明不妊の方への刺激周期-人工授精の有効性について
  7. 顕微授精の有効性とPiezo-ICSI(ピエゾイクシー)について…
  8. 新鮮胚移植と凍結胚移植の胎盤関連疾患のリスクについて

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP