妊活セミナーレポート

妊活セミナー 11月18日@高輪院

本日は高輪院での妊活セミナーが開催されました。

今回はカップルでのご参加がとても多く、質疑応答の際には男性の方が積極的にご質問くださいました。

 

また、今年になって当院が取り組みを強めている内容が

・通院にかかる負担(時間やスケジュール)

・実際治療にかかる費用(治療ごとの費用や助成金)

 

質疑応答の内容を一部共有しています。

Q1:厳密に妊活を始めたわけではないが、1年待たないと検査をしてはいけないのか?

A:まずは検査にお越しいただいて全く構いません。

もしかしたら、不妊原因が何かあるかもしれないですし、検査で不妊原因がわからなかった場合は、

35歳未満の方では一般的にステップアップの方法がとられます。

 

Q2:経済的な負担が気になるが、助成金や保険などは?

A:保険については、一般不妊治療については保険診療となります。

人工授精以上は自費診療ということになります。

助成金については、非常に複雑ですが、まずはお住まいの自治体(市区町村)にお尋ねいただくのが良いと思います。

東京都の助成金と品川区の助成金はまた違うものとなりますので、注意が必要です。

 

Q3:朝に治療できるのはとてもありがたいがやはり混雑するのでは?

A:現在では多くの方が60分から90分でご帰宅いただけます。

一番早いのは朝一番の時間帯ですので、ぜひご利用ください。

 

Q4:体外受精へのステップアップに適した期間や判断基準はあるのか?

A:まずはご本人たちの家族計画ですね。それありきですが、特にそうした条件なく考えていけば、

35歳未満であれば人工授精を5回までやってうまくいかなければ、

35歳以上であれば、3階程度までなどのように行うのが良いですね。

ただこれも田井先生から話があったように、男性の不妊原因もおよそ50%くらいの確率で関与してくるので、

参考程度とお考え下さい。

 

Q5:40代の夫婦となると治療の成功率はどれくらいか?

A:体外受精でいえば、およそ15%程度となります。この確率が0という風には45歳であってもなりません。

ただ当院では治療を開始するときに、ご夫婦でよく話し合っていただき、治療は何回までにしよう、という方向性を

決めていただくように勧めています。

治療の始め方がとても大切だと思います。

 

いかがでしたか。

来月は12月9日に開催で、平成最後の妊活セミナーです。

ご興味のある方はぜひご参加くださいませ。

 

本日ご参加くださいました皆様、本当に有難うございます!

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 妊活セミナーレポート 9月9日@盛岡
  2. 妊活セミナーレポート 10月14日@高輪
  3. 体外受精説明会レポート 2月17日@高輪院
  4. 体外受精説明会 12月9日@高輪
  5. 妊活セミナー 実施レポート 6月17日@高輪
  6. 体外受精説明会 開催レポート
  7. 働く女性のための妊活セミナー
  8. 妊活Startup day開催速報!!

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP