注目情報

BMIと精液検査の結果について(中国からの報告)

健康的なライフスタイルと妊娠には密接な関係があります。

もちろん女性だけでなく、男性も同様です。

 

今回は中国の報告から、BMIと精液検査結果についての相関性について紹介したいと思います。

 

BMIと精液検査の結果との関係性について


今回紹介するのは以下の論文です。

Association between BMI and semen quality: an observational study of 3966 sperm donors

Jixuan Ma et al.,

Hum Reprod. 2018 Nov 8

今回の研究は、2013年1月1日から2018年4月9日の間での、3966名からの29,949回の精子提供について、

その精液検査結果と体重との相関性を解析したというものです。

BMI(単位:kg / ㎡)の定義は

痩せ:18.5未満

通常:18.5-24.9

過体重:25-29.9

肥満:30以上

こうした分類によると、通常の範囲の方々の精液と比較して、

痩せの方々の場合

精液量:3.6%

総精子数:6.7%

総運動精子数:7.4%

 

過体重の場合

精液量:4.26%

総精子数:3.9%

総運動精子数:3.6%

 

肥満の場合

精液量:6.0%

総精子数:7.1%

総運動精子数:8.9%

の差が確認されました。

 

BMIが正常体重の患者の中央値BMIよりも低くなる場合(21.6)、精液量、精子濃度、全精子数、総運動精子数は、BMIの低下とともに減少し、

BMIが21.6〜30の場合、精液量、全精子数および総運動精子数は、BMIの増加と逆相関すること(減っていく)がわかっています。

 

結論として、体重と精液の質には関係があるだろうと考えられています。

 

ただ、ここでいっている精液の質は、WHOの基準に対してどうか、健康な体重の群と比較してどうか、ということです。

そのため、体外受精などの生殖補助医療との関係性ではありませんので、ご注意ください。

女性の場合、地域によっては出産児の母体の安全性を考慮して、肥満の方を受け入れないという医療機関もありますが、

男性が肥満だからと言って痩せないと治療できないとか、受け入れができないということではありません。

 

しかし、不妊がカップルの6組に1組の割合で起こるものになりつつある今、

男性の不妊原因はおよそ半数とされています。

精索静脈瘤の結果などでもありますが、女性に不妊原因がない場合、

精液の質が改善すると治療のステップがダウンすることがあり、その影響はとても大きいのではないでしょうか

(顕微授精が必要だった方が人工授精、人工授精が必要だった方がタイミングでよくなるなど)

 

そのため、これから妊活を始める、という方々やタイミングや人工授精に臨まれる方にとって、

男女ともに健康管理、体重管理は取り組みやすいテーマと言えると思います。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 当帰芍薬散や柴苓湯の免疫性不育症への効果について
  2. 妊活中の運動について
  3. メディア掲載情報 最強の健康法
  4. カフェインは適量摂取であれば、不妊治療に影響はない
  5. 誰にでも高刺激?誰にでも全胚凍結?
  6. 不妊治療の実施に年齢制限を設けるべきかどうか
  7. 顕微授精の有効性とPiezo-ICSI(ピエゾイクシー)について…
  8. PCOS患者への治療:レトロゾール+クロミフェン vs.レトロゾ…

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP