注目情報

世界のデータから見る日本の生殖医療

International Committee for Monitoring Assisted Reproductive Technology(ICMART)が

2011年時点での世界の生殖補助医療のデータをまとめて報告しています。

世界の生殖補助医療(ART)の統計とそこから見える日本の特徴


参照:International Committee for Monitoring Assisted Reproductive Technology: world report on assisted reproductive technology, 2011

 

ここでは中国を除くデータが様々に記載されており、全世界のおよそ3分の2のデータが集計されています。

2011年の1年間で計1,115,272サイクルが実施されていると報告されています。

凍結融解胚移植の比率は、13.1%から13.8%へと上昇しており

ドナーではなくARTを受けた40歳以上の女性の割合は、2010年の23.2%から2011年には24.0%に増加しています。

ICSIを行う比率は、67.4%から66.5%へと低下しており、移植する胚の個数は1.95個から1.91個へと減少しています。

単一胚移植は51.8%であり、双胎率は11.1、品胎率は0.4%となりました。

世界的にみれば、2010年から2011年にかけての大きな傾向として、

ART(生殖補助医療)の利用者は増え、安全性は増し、有効性も高まっているというのが主旨のようです。

 

そのデータと日本を比べるとどうなのか、という点をいくつか紹介したいと思います。

日本に次いで周期数の多いアメリカと比較したいと思います。

 

①周期数は世界一

日本では173895周期が2011年に行われています。

アメリカの91893周期と比べておよそ2倍と、人口から考えれば、

非常に多い比率と言えます。

 

②妊娠率はダントツで低い

日本の妊娠率は11.4%、アメリカの妊娠率は40%を超えています。

出産率まで掘り下げていくと日本は7.9%、アメリカは33.4%です。

 

③単一胚移植は徹底されている

世界のデータでは単一胚移植は50%超ということでしたが、

日本では90%を超える水準で行われているため、結果としての多胎率は3%前後となります。

母子ともに安全性の高い治療が行われていると考えられます。

 

④PGT・ドナーは実施していない

世界ではPGTを行う、あるいは高齢患者の場合ドナーでの治療が通常です。

それに対して、日本では、PGT-Aがまだ臨床研究中であり、ドナーも不可能となると、

上述の妊娠率の低さなどにもつながることと思います。

あくまでも技術的な面での話です。(PGTがよいか、ドナーはいいのか、という問題ではありません)

 

こうした特徴を考えると、日本のARTの特徴は

①世界のスタンダードを徹底した安全なARTが行われている

②妊娠率は世界的にみてもダントツ低い

③高齢者の比率が高い

ということがあげられ、安全性の徹底度は世界でも群を抜いていると言えるでしょう。

一方で、妊娠率については世界で最も低いですが、必ずしも高齢化だけが原因とは言えません。

世界標準の調節刺激法などを行うことで、これからもっと変わっていくものと思います。

また、高齢者の比率が高いということは、治療が不成功に終わることも抗いようがなく、

そうした意味では、第三者の生殖医療だけでなく、特別養子縁組や里親里子などの多様性を持たせた

日本ならではの選択肢が今後増えていけばよいのかもしれません。

 

日本の中だけにいれば、どんな病院がいい病院か、いい治療か、がわからなくなってしまいます。

世界から見た日本を定期的に紹介していければと思います。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 子宮内膜受容能検査(ERA)とは
  2. 2017年 最も見られた投稿TOP10
  3. 【完結編】妊活中の周りの人との付き合い方
  4. メディア掲載情報 最強の健康法
  5. 生産率が最も高くなる採卵数は25個 -欧州からの最新報告2018…
  6. 痩せと妊娠 その後について
  7. ピロリ菌と不妊の関係
  8. ERA(子宮内膜受容能検査)の当院における研究

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP