コラム

生殖補助医療のその先の治療について

現在、Fertility and Sterlityでは卵子提供について、様々な記事を掲載しています。

Oocyte donation: lessons from the past, directions for the future

というタイトルで始まります。

過去から学ぶというのは、ここ最近というレベルではなく、もっとさかのぼって旧約聖書にまで至ります。

アブラハムと妻のサラ、そしてなかなか子供に恵まれなかったサラの代わりに妊娠出産したハガル、

そしてその子イシュマエルの話が紹介されています。

そして現在に至るまでの生殖補助医療の歴史へと紹介されているわけですが、

こうした哲学や神話が紹介されるにはきっと理由があるのだろうと思います。

 

先日ニュースでも報じられたように、現在日本では、AID(非配偶者間の人工授精)を行うことが事実上かなり難しい状況です。

新聞等でも記載がありますが、産まれてくるお子さんの「出自を知る権利」を考えたときに、

ドナーに名乗り出る方が日本においては少ないことが最大の理由といわれています。

 

当院では、AIDの実施施設でもありますし、JISARTに加盟しておりますので、

非配偶者間の体外受精も実施すること自体は可能です。

しかし、それはドナーがあってこその話であり、出自を知る権利が十分に守られることが前提になります。

 

日本でもいずれは非配偶者間の体外受精などが一般的に行われるなる日がくるのかもしれませんが、

産まれてくるお子さん、ご夫婦、ドナーとなる方のご家族まで含めたケアが求められます。

 

少しずつ紹介していければと思います。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 妊活サプリメントについて
  2. 社会的卵子凍結が推奨されない理由
  3. トマトやリコピンと男性不妊の関係について
  4. ストレスと不妊について
  5. 男性の助成金使用について思う事
  6. 待ち時間対策について
  7. 妊活ノート開始から6か月がたちました
  8. 生殖心理カウンセリングコラム:ドラマ「隣の家族は青く見える」第2…

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP