注目情報

IVM(未成熟卵子の成熟体外培養)の治療スケジュールが変わります

当院では、PCOSの患者さんに向けて、IVMを実施しています。

これまでIVMについては、以下のような紹介をしています。

 

2018年11月からIVMについて、治療スケジュールが変更となりますので、

簡単な内容をお知らせします。

※詳細はドクターまでお尋ねくださいませ。

 

来院回数を最低限にして、排卵を促す注射がなくなります


IVMについて、専門的な知見を持たれている方々と協議し、

患者さんの負担もできるだけ少ない方法を検討しました。

 

来院スケジュール

①月経開始から5日目の午前中に来院

②月経開始から8日目の午後に採卵

③採卵2日後に顕微授精を実施(ご主人の精液持参が必要)

④顕微授精後2-3日で新鮮胚移植

⑤顕微授精後5日前後に胚盤胞凍結

⑥顕微授精から14日後に妊娠判定

 

かりに新鮮胚移植を希望している場合、

女性の来院回数は①②④⑥の4回、男性は1回来院いただきます。

 

治療費用については以下のようになります。

 

良い治療成績を出しながら、患者さんの負担をできるだけ少なくできるように

心がけていきたいと思います。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. [培養環境]酸素濃度(酸素分圧)について
  2. 生産率が最も高くなる採卵数は25個 -欧州からの最新報告2018…
  3. 2細胞期から3細胞期への分割時間と胚発生に関する検討
  4. 第20回日本IVF学会学術集会 森本賞受賞
  5. 着床前診断実施後の児の成長について
  6. 低分子ヘパリンの流産予防効果の検討
  7. 子宮内膜症の治療に臨む女性が抱えるジレンマ
  8. 鍼灸が与える胚移植への効果について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP