注目情報

高輪院:お薬BOOK正式リリース!

先日、10月25日から正式にお薬BOOKがリリースされました。

お薬BOOKは通院中の患者さん全体の待ち時間を短縮しながら、

これだけ薬の多い治療の中で、

「どのような薬なのか」

「どれくらい飲めばよいのか」

などをわかりやすく解説しているものです。

卵巣刺激に使用するお薬といっても、

卵胞を育てる薬

卵子の成熟を促す薬

排卵を促す薬

などのように多岐にわたります。

 

また、不妊治療においては、用法容量が患者さんの卵巣予備能などによっても異なってきます。

そうしたご意見も事前に多くいただいておりましたので、ご自身でメモが取れるようにメモ欄も設けました。

 

現時点では高輪院での実施となります。

通院中の患者さんでご希望される方はスタッフまでお申し付けいただければお渡しいたします。

 

ぜひ有効に活用いただき、安心・安全な治療を、短時間でお受けいただければと思います。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 妊娠中のビタミンD摂取が与える影響について
  2. タイムラプスを用いた受精確認から第一分割までの観察
  3. 運動と早発閉経の関係
  4. 鍼灸治療をお受けいただいた患者さんからのお声まとめ
  5. 乳がん治療患者が妊娠を希望した場合の休薬期間は?
  6. 第8回日本がん・生殖医療学会 学術集会にて優秀演題賞を受賞!(高…
  7. IVM(未成熟卵子の成熟体外培養)の治療スケジュールが変わります…
  8. 子宮鏡検査による慢性子宮内膜炎の診断の可能性について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP