注目情報

高齢女性の採卵数と累積出産率の関係

日本は世界と比べても、高齢の女性が不妊治療に取り組まれており、

日本の不妊治療における妊娠率が低いとされる一因と考えられています。

ただ、同じ年齢とはいってもAMHなどにはかなり大きな差があり、

結果として、同年齢でも得られる卵子の数は異なってきます。

 

今回は、高齢女性の採卵数と累積生存率についての論文を紹介しています。

高齢女性でも得られる卵子の数によって累積の出産率は変わるのか


今回は以下の論文を紹介したいと思います。

Cumulative live birth rates and number of oocytes retrieved in women of advanced age. A single centre analysis including 4500 women ≥38 years old

Marta Devesa et al.,

Hum Reprod. 2018 Nov 1;33

2000年1月から2013年12月の間、大学付属クリニックで行われた分析研究です。

全体で、最初のサイクルを受けた38歳以上の不妊女性4570人が含まれていました。

ここでは、

①38-39歳のグループ:1875サイクル

②40-41歳のグループ:1380サイクル

③42-43歳のグループ:833サイクル

④44歳以上のグループ:482サイクル

で分けて、一度に得られた採卵数と累積での出産率との関係性を解析しました。

それによれば、

累積出産率は、41歳までの高齢の繁殖期の女性に回収される卵母細胞の数とともに増加し、

44歳以上の女性では付加価値が最小限で41歳以上では影響がないということがわかりました。

また、年齢群の中で見ていくと、

38〜39歳で25.9% 40-41歳で16.4%、42-43歳で7%、44歳から1.2%という累積出産率でした。

 

卵子には質と数があります。

AMHの紹介などでもご紹介をしていますが、年齢によってAMHは異なり、残っている卵子

卵巣刺激をして得られる卵子の数も変わってきます。

そして、加齢の影響は誰もが同じように受けていきます。

 

年齢と卵巣予備能に応じた治療戦略が必要になります。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. AIDを検討する夫婦へのカウンセリング実施の必要性
  2. 不妊症の男性の併存症治療の影響について
  3. 妊娠率の基礎知識
  4. 妊娠成績について
  5. 2017年 最も見られた投稿TOP10
  6. 社会的適応による卵子凍結の実施とその後について
  7. 論文紹介 凍結融解卵巣組織移植による赤ちゃん95名誕生
  8. 卵巣刺激で卵子の数を最適・最大化することが妊娠率を高める

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP