注目情報

カフェインは適量摂取であれば、不妊治療に影響はない

これまで多くのカフェインに関する研究を紹介してきました。

 

今回、改めて、イタリアでの研究でカフェインについて、

夫婦での状況を解析して、治療成績との関係を発表していますので、紹介します。

 

カフェインは適量摂取であれば、不妊治療に影響はない

 

Maternal and Paternal Caffeine Intake and ART Outcomes in Couples Referring to an Italian Fertility Clinic: A Prospective Cohort.

Nutrients. 2018 Aug 17;10(8)

Elena Ricci et al.,

イタリアで行われた研究で、2014年9月から2016年12月の間に339組のカップルを対象にアンケート調査が行われ、

そのカフェインの摂取量によって分類をしました。

293組が移植し、110組が妊娠し、82例が無事に出産されています。

女性

低摂取グループ(114名):0-86mg

中摂取グループ(116名):87-180mg

高摂取グループ(215名):181-480mg

男性

低摂取グループ(112名):0-124mg

中摂取グループ(113名):125-209mg

高摂取グループ(114名):210-560mg

 

これらの解析によるとカフェインの摂取は妊娠成績に影響を与えないだろうということがわかりました。

もちろん、過剰摂取はからだに良くないというのはこれまでと変わりません。

 

しかし、過剰なまで注意すべき対象でなく、こうした内容よりも妊娠に対してダイレクトに影響を与えているのは、

年齢や喫煙の方がはるかに高いと言えるでしょう。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. モザイクを有する胚の移植後の妊娠率や流産率
  2. 治療の費用対効果:タイミング、人工授精、クロミフェン、ゴナドトロ…
  3. 不妊治療の実施に年齢制限を設けるべきかどうか
  4. ERAの有効性と子宮内フローラの有効性についての紹介
  5. 高刺激周期vs.低刺激周期vs.自然周期における出産率の比較
  6. PGT-Aの役割 PGT-Aをすれば妊娠率は高まるのか?
  7. 改めて考える精子の重要性
  8. 全胚凍結と新鮮胚移植の治療における投資対効果の比較

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP