基礎知識

Happy Letters vol.110 卒業された患者さまからのお手紙

当院で治療された患者さまからのお手紙を紹介しています。

治療中に生理が来てしまうことを

「小さい流産」

と呼ぶことがあります。

体外受精を行い、採卵したにも関わらず、

卵子が得られなかったということも、同じかそれ以上に辛い想いがすると思います。

そうした辛さも乗り越え、一緒に卒業までたどり着くことができた患者さまからのお手紙です。

 

(以下原文ママ)

治療中、私は他の病院と合わせて3回採卵したのですが、

3回とも凍結できる受精卵がなく、京野アートクリニックでも、

「今回凍結できる受精卵はない」

と告げられた時は、

またか…

とドーンと奈落に突き落とされたようで…

私は涙が出てしまいました。

 

でもその時、スタッフの方がとっても優しく親身に

「いろんな方法がある、まだまだ望みはある」

と元気づけてくださいました。

あの時のことは忘れられません。

幸いにも、その後新鮮胚移植で子供を授かることができました。

とても感謝しております。

12年間授かることができなかった私たちに子供ができたのは、

京野アートクリニックのおかげだと思っています。

(お手紙はここまで)

12年間はとても長い時間ですね。

たくさんの大変な思いもされたと思いますし、

そうしたすべてを受け入れて、治療を続けることを選び、

お子さんに巡り合えた奇跡がただただ嬉しく思います。

 

素敵なお手紙をありがとうございます

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 子宮内膜症とBMIの関係
  2. ASPIRE2018での発表:子宮内フローラについて
  3. 今年は麻疹・風疹が流行っています
  4. ビタミンD不足が妊娠中に与える影響について
  5. 不妊治療を受けていても、自然妊娠する可能性はあります
  6. 妊娠率についての誤解 その①
  7. 誰にでも高刺激?誰にでも全胚凍結?
  8. 膣内射精障害とは

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP