注目情報

運動と早発閉経の関係

-ライフスタイルについては、様々な研究がなされていますが、

今回は日々の運動などと早発閉経の関係について紹介します。

 

運動と早発閉経の関係


Physical activity is not related to risk of early menopause in a large prospective study

Mingfei Zhao et al.,

Human Reproduction, Volume 33, Issue 10, 1 October 2018, Pages 1960–1967,

これまで様々な運動と閉経に関する報告がなされていますが、一貫性のある結果ではなく、

またそうした研究自体も多くはないように思われます。

早発閉経とは45歳よりも若くして閉経してしまうということで、

およそ10%の方が経験されると言われます。

その他の心疾患などとの関係性もあることで知られています。

遺伝的な要素だけでは、説明しきれず、現代のライフスタイルが影響を与えているのではないかと考えられてきました。

閉経前の女性では、身体活動は、視床下部 – 下垂体 – 卵巣軸を介してエストロゲンおよび

他のステロイドホルモンの産生を変化させることによって、卵巣機能に影響を及ぼし得ると考えられています。

これまでの研究では、激しい身体活動は、定期的な排卵のサイクルを乱し、黄体期の不全、無排卵および無月経につながります。

これらは排卵頻度が低くなるため、早期閉経のリスクがより低いことと関連している可能性があると考えられてきました。

 

今回の研究は大規模な前向き研究であり、1989-2011年の間フォローアップされてきた研究です。

107,275名が対象となり、そのうち2,786名が45歳よりも若くして閉経しており、

その方々についてライフスタイル調査を行ったところ、若いころやその時の運動の状況と閉経の間には、

関係がないことが示されています。

 

これはあくまでも早発閉経についてであることには注意が必要ですが、

過度に運動と閉経を結び付けて考える必要はないかもしれません。

 

不妊症についても、過度に痩せていたり、肥満であったりすることは、

排卵障害など別の不妊原因へつながっていく可能性もありますので、注意が必要ですが、

運動すれば妊娠する、運動しないから妊娠しないということではありません。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. EndomeTRIO検査:新たな着床関連検査開始のお知らせ
  2. 世界のデータから見る日本の生殖医療
  3. 最適な培養環境は?培養温度について
  4. 卵子活性化の安全性の検討:誕生した児のその後について
  5. レスベラトロールは加齢マウスと高齢女性の卵子体外成熟を改善する
  6. 不妊症だけでない、PCOSが与える妊娠後の影響について
  7. ERA(子宮内膜受容能検査)の当院における研究
  8. 当帰芍薬散や柴苓湯の免疫性不育症への効果について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP