注目情報

オンラインでの生殖関連の教育をした方のフォローアップ

不妊に関する日本において重要な課題の一つが、

性教育のレベルアップです。

現在、治療に取り組まれている方の中には、

中学・高校の授業においては、性機能と避妊、性病くらいの知識しか得られず、

例えば、不妊にとってクリティカルな卵子の老化とか、男性不妊のことなどは聞いたことさえない、

なんていう方も少なくないのではないでしょうか。

 

そうした日本の性教育の在り方を見直すべく、活動されている方々がいらっしゃいます。

本日はそうした活動・研究を紹介したいと思います。

 

生殖関連の教育後のフォローアップ


今回は以下の論文を紹介したいと思います。

Two-year follow-up of a randomized controlled trial: knowledge and reproductive outcome after online fertility education

Eri Maeda et al.,

Human Reproduction, dey293, https://doi.org/10.1093/humrep/dey293

この研究では、オンラインで対象者に生殖に関する正しい情報提供を行い、

その2年後に、実際に挙児を得ているなどの差があるかについて、フォローアップ調査したものです。

名前を見てわかる通り、日本の方の発表です。

この結果によると、この短期間での出生率などには差はなく、

1回限りの教育の効果は限られていましたが、ベースラインレベルを超えて保持されていました。

重要なヒントとして、サブグループ分析によれば、健康的な妊娠前情報を受けることで、妊娠・出産することについての意思決定を

潜在的に加速させる教育が示唆された、としている点です。

 

妊娠には年齢が密接に関係しており、それを事前に知ることで、境界線や限界が自身の中でイメージされます。

そうした中で、人生計画に差が出る可能性は大いにあると思います。

 

一方で、その短期間で、結婚・妊娠・出産までを達成するのは難しい可能性もあり、

今後より長期的なフォローアップが成されていくことを期待してます。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 当帰芍薬散や柴苓湯の免疫性不育症への効果について
  2. 【重要】2019年 盛岡院開院予定です
  3. 第18回日本不妊カウンセリング学会 当院の鍼灸治療の取り組み
  4. 世界のデータから見る日本の生殖医療
  5. 男性の加齢と妊娠率について
  6. 卵子または受精卵凍結による妊孕性温存の有効性
  7. オンラインカウンセリングのご案内
  8. 中医学からみる妊娠しやすい体づくり

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP