Happy Letters

Happy Letters vol.108 卒業された患者さま(41)からのお手紙

当院で治療して、卒業された患者さまからのお手紙を紹介しています。

思いが通じる、ってことがあるように感じることってありますよね。

今回の患者さんは、自分自身が望む治療で妊娠・出産を迎えられました。

 

(以下、原文ママ)

2度目の採卵、4度目の受精卵移植で着床、妊娠しました。

2度目の顕微授精では、高倍率で見える顕微鏡で授精していただいたためか、

桑実胚まで育つ卵もあって、最終的に凍結した胚で妊娠に至りました。

 

移植は薬で排卵期をコントロールしましたが、

自然な生理周期と2日程程ずれるため、

「大丈夫かな?」

と不安になりましたが、医師の話では薬でちゃんと調節するので大丈夫とのことでした。

最後の一つの凍結胚は、勝手をお願いして薬を使わず自然周期で移植をお願いしたところ、

これが着床しました。

確率もあるので何が良いのかはわかりませんが、私にとっては自然周期の移植が良かったと信じています。

ともあれ、高齢出産だったにも拘わらず、今のところ特に異常がなく成長してくれている

我が娘に家族みんなが喜んでいます

 

(お手紙はここまで)

患者さんが仰る通り、確率は最も確実なエビデンスですが、

100%という確率が存在しない以上、患者さん本人のご希望はお聞きできればと思います。

エビデンスに基づいて、思いを通わせて、患者さんの卒業をサポートできればと思います。

 

素敵なお手紙を有難うございます。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. Happy letters Vol.5 卒業された患者さまの声
  2. Happy Letters vol.75 卒業された患者さまから…
  3. Happy Letters vol.117 通院中の患者さまから…
  4. 認知行動療法を利用された方の声 その③
  5. Happy Letters Vol.30 卒業された患者様からの…
  6. Happy Letters Vol.21 卒業された患者さまから…
  7. スクリーニング検査の重要性と患者さまからのお手紙 HappyLe…
  8. Happy Letters vol.81 卒業された患者さま(2…

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP