Happy Letters

Happy Letters vol.103 卒業された患者さま(41歳)からのお手紙

当院で不妊治療を受けられ、卒業された患者さまからのお手紙を紹介しています。

今回は卵管性の不妊症で悩まれ、体外受精へチャレンジされた方から卒業のお便りです。

(以下、原文ママ)

結婚自体が37歳と遅く、すぐにでも子供が欲しかったのに2年経っても叶わず。

義理の妹に京野アートクリニックのことを教えてもらい、悩んでいても仕方がないので、

門をたたかせてもらいました。

様々な検査の結果、片方の卵管のつまりが発見されました。

年齢もあり、人工授精を受けましたが、詰まっている方から排卵する場合もあり、

なかなかタイミングも合わず、結局6回受けたものの結果は出ず。

体外受精へとステップアップすることになりました。

 

運のよいことに1回目で妊娠へ至りとてもうれしかったです。

妊娠中切迫流産になったり、年齢のこともあったため、子供の健康がとても心配でしたが、

2536gと多少小さめでしたが、元気に産まれてくれました。

今ではあちこち移動してはいたずらばかり。でも元気にそばにいてくれることが嬉しい限りです。

 

途中諦めたい気持ちもありましたが、今は感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

(お手紙はここまで)

不妊治療を行う上で、セオリーというのはなく、あくまでも患者さんの意思にゆだねられます。

どの方法にも妊娠の可能性はありますし、費用も絶対的に違います。

統計的には、体外受精は35歳以上の方で2年以上の不妊期間があって、挙児希望であれば適応とはなりますが、

あくまでも、大切なのは患者さんの意思です。

現在はステップアップだけでなく、ステップダウンという方法もあります。

年齢と共に、あらゆる方法の妊娠率が低下していく中で、身体の妊娠率が高いうちに、

体外受精など、技術として妊娠率の高いものへチャレンジするという考え方です。

 

患者さんが正しい知識の上で判断し、納得のいく結果が得られるようにサポートしたいと思います。

素敵なお手紙をありがとうございました!

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. Happy Letters vol.87 卒業された患者さま(4…
  2. Happy Letters vol.109 卒業された患者さま(…
  3. Happy Letters vol.89 卒業された患者さま(4…
  4. Happy Letters Vol.4 卒業された患者さまの声
  5. Happy Letters vol.111 卒業された患者さま(…
  6. Happy Letters vol.67  卒業された患者様から…
  7. Happy Letters Vol.35 卒業された患者さまから…
  8. Happy Letters Vol.33 卒業された患者さまから…

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP