コラム

【高輪院】待ち時間の短縮に向けて-お薬BOOK-

不妊治療では数多くの薬が登場します。

卵巣刺激をするための薬

卵子を成熟させるための薬

排卵しないようにストップするための薬

排卵を促すための薬

抗生剤

ホルモンを補うための薬

鎮痛剤

などなど

 

こうしたお薬が目まぐるしく処方されていきます。

患者さんの立場で考えていくと、この薬の数だけ説明を受けなければならず、

それを逐一理解していかれるわけですが、それは時間的にはもちろん、

薬剤師でもない限り容易なことではありません。

 

説明を聞いても新しいことだらけで理解できないこともたくさんありますので、

当院では、お薬BOOKをご用意する予定でおります。

当院で処方する大半の薬はカバーされており、

簡単なポイントだけをまとめています。

これを通院中はご持参いただき、ご自身が何の目的で、

どんな薬を今使っているのかを把握していただければと思います。

 

ご自身のペースでご理解いただき、わからない場合はもちろんお問い合わせください。

私たちからの説明も一定の省略をすることができるようになるので、

ご通院中の皆様の待ち時間をより一層短縮できるのではないかと思います。

 

来週にはリリースする予定でおります。

こうご期待!

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 生殖心理カウンセリングコラム ドラマ「隣の家族は青く見える」第8…
  2. 肥満と体外受精の成績の関係について
  3. 生殖心理カウンセリングコラム ドラマ「隣の家族は青く見える」第9…
  4. 生殖補助医療のその先の治療について
  5. 【完結編】妊活中の周りの人との付き合い方
  6. 写真付き年賀状とどのように付き合ったら良いでしょう?
  7. 認知行動療法を利用された方の声 その③
  8. AIDを検討する夫婦へのカウンセリング実施の必要性

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP