妊活セミナーレポート

妊活セミナーレポート 8月5日@高輪

8月5日は高輪院で妊活セミナーが開催されました。

今回は予約の段階から、早々に満員となっておりましたが、

これだけ暑いと来られないだろうか??

という不安も一蹴。満員での開催となりました。

ご参加いただいた皆様、有難うございます。

先日のESHREでの情報を発表する京野理事長

男性外来の必要性を発表する田井医師

 

今回いただいたご質問の一部を紹介したいと思います。

Q1:男性の検査を数年前に行っているが、再検査は必要か?

A:一度したほうが良いでしょう。加齢の影響は男性にも間違いなくあるものです。

ちなみに、二人目不妊、つまり過去に一度は妊娠・出産しているのに、不妊になられる方の半数以上が

精索静脈瘤だったともいわれていますので、再検査は受けたほうが好ましいです。

 

Q2:精索静脈瘤手術のデメリットは?

A:一般的な手術と同じように、痛みであったり、感染症であったり、そうしたデメリットはあり得ます。

ただ、以前大学の方で、10年ほど勤務していた時のことからも考えると、

心配されるような重篤なデメリットはなかったように思います。

 

Q3:採卵するときはポンプを使いますか?手動ですか?

A:ポンプを使用します。卵子へのダメージを最小限に抑えるためです。

 

Q4:移植に当たって、何か特別な治療はあるのか?

A:患者さんによってさまざまな「プリトリートメント」はあります。

不妊原因が何であるかによって異なります。

 

Q5:AMHが低くても高刺激を行いますか?

A:基本的に行わないと思います。特に年齢が若い場合には、AMHはあくまでも卵子の数ですから、

少なくとも質の良い卵が得られれば、妊娠につながりやすいというのがあります。

 

Q6:男性が日常的に取り組めることはなにかありますか?

A:アルコールは過剰でなければ問題ないですが、カフェインは一部問題があるという報告もあります。

タバコは絶対にダメですね。あとはサウナでの熱だったり、自転車での過剰な圧なんかもよくないです。

一番精子に良いのは、とにかく射精することですね。使えば使うほどよくなると思ってもらえたらいいです。

それが一番コストもかかりませんし、最も効果的と言えますね。

 

いかがでしたでしょうか。

今月は2週連続開催となります。残席僅かですので、

ご興味のある方はぜひご参加ください。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 妊活セミナーレポート 8月18日@仙台
  2. 妊活セミナーレポート 4月8日@高輪
  3. 妊活セミナーレポート 6月25日@盛岡
  4. 妊活セミナーレポート 9月23日@高輪
  5. 妊活セミナーレポート 4月22日@高輪
  6. 妊活セミナーレポート 6月17日@仙台
  7. 妊活セミナーレポート 10月14日@高輪
  8. IVF説明会レポート 12月1日@高輪

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP