妊孕性温存について考える

がんが与える未来の妊孕性への影響について

がん治療の目覚ましい進歩によって、がん治療後の生存率は高まり、

それは結果として小児がんや若年性がんサバイバーの増加にもつながっています。

そのため、彼らのQOLの向上のためにも、実際のがんによる妊娠への影響はどれほどか、

ということについても関心が高まっています。

 

スコットランドの大規模研究による「がんが妊孕性に与える影響」


今回ご紹介するのは基本的に女性のがんについての情報です。

男性の精巣腫瘍に関する情報は以下で紹介していますので、参照ください。

男性の妊孕性温存 精巣腫瘍と精子凍結

 

スコットランドにおいて行われた大規模な後方視的研究を紹介します。

1981年から2012年の間、40歳未満でがんの診断がついた23,201名の患者を対象に、

その後の妊娠について調査をし、がんに罹患していない方々10,271名との差異を検証した研究です。

The impact of cancer on subsequent chance of pregnancy: a population-based analysis

Human Reproduction, Volume 33, Issue 7, 1 July 2018, Pages 1281–1290,

Richard A Anderson et al.,

 

この研究によれば、総括として、

がんにかかった方の妊孕性はそうでない方と比べて0.62倍に低下する

ということが示唆されていると報告をしています。

その中でも、減少が顕著であったのは、

子宮頸がん:0.34倍

乳がん:0.39倍

白血病:0.48倍

とされています。

ちなみに

ホジキンリンパ腫:0.67倍

非ホジキンリンパ腫:0.67倍

と報告されています。

 

その他にもいくつか指標がありますが、

その患者さんががんにかかった年が最近であればあるほど、

影響は小さくなってきています。

具体的には、

1981年から1988年にかかられていた方は、0.48倍であるのに対して、

2005年から2012年の間の方は、0.79倍であったとされています。

これには、治療技術の急速な進歩に加えて、罹患時の年齢なども多分に影響していると思われます。

 

また、放射線療法や化学療法を受けたかどうかも重要な指標であり、

放射線療法については

受けた方:0.43倍

受けていない方:0.80倍

 

化学療法については

受けた方:0.48倍

受けていない方:0.82倍

という差が出ています。

つまり、受けていない方の方が妊娠する力は残っていくということです。

 

妊孕性温存の原則はあくまでも原疾患治療の優先です。

そのため、こうしたデータがあるから、妊孕性温存をしましょうということだけではなく、

きちんとした情報を持ち、短い時間の中で、ご本人が納得できる意思決定を行うことが求められます。

知っていて失った妊孕性と、知らずに奪われた妊孕性ではその後のQOLには大きな差が生まれると思います。

 

その後の治療についても、今後さらに議論がされていくものと思いますが、

現時点では、未婚者であれば卵子凍結、卵巣組織凍結、既婚者であれば受精卵凍結というのがセオリーです。

未婚のがん患者さんへの妊孕性温存は卵子凍結か卵巣凍結か?

 

これからも最新情報を紹介していきたいと思います。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. HBOCコンソーシアム学術集会に参加して 前編
  2. 子宮頸がんのHPVワクチン接種による予防について
  3. 乳がん患者における妊孕性温存療法の時間的猶予について
  4. 妊孕性温存の現状についての講演会とディスカッション
  5. 妊孕性温存の受精卵凍結の助成金がスタート
  6. 乳がんと妊孕性温存について
  7. タモキシフェン使用による妊孕性の低下の可能性
  8. 卵巣組織凍結 緩慢凍結法とガラス化凍結法

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP