基礎知識

乳がん治療患者が妊娠を希望した場合の休薬期間は?

乳がん治療患者が妊娠を希望してもすぐに妊娠を許可することはできないことが多いです。

それは、治療の特性上、催奇形性など薬物治療や放射線治療による安全性の点で問題があるからです。

 

ケース別による妊娠を開始するまでの休薬期間について紹介します。

 

乳がん治療患者はいつから妊娠してもよいか?


 

乳がんの標準治療であるホルモン療法(タモキシフェン内服)、化学療法、抗HER2治療(トラスツマブ)、放射線治療別に紹介します。

 

ホルモン療法

タモキシフェン内服中の妊娠は胎児に対する催奇形性のリスクがあり、禁忌とされています。

タモキシフェンの代謝産物が体内から消失するには内服終了後2か月かかるとされているため、

タモキシフェン内服終了後2カ月間は避妊期間を置くべきです。

 

化学療法

抗ガン薬の場合は、原子卵胞が排卵に至るまでの期間を勘案して4-6週間の期間を開けるのが望ましいとされています。

シクロフォスファミド投与後排卵までの期間が9週以内の場合には、先手異常を認める可能性が高くなるという報告もされていますが、

12週以降では低下するため、使用薬剤ごとに休薬期間は異なる可能性があります。

悪影響は必ずしも明らかではありませんが、現時点では、投薬終了後6か月は妊娠までの期間を開けるべきと考えられています。

 

抗HER2療法(トラスツマブ)

トラスツマブのヒトの体内における半減期間は16日程度であると考えられています。

ハーセプチンの添付文書には7か月間は妊娠を控えるよう記載されており、

臨床データの統合はまだ始まったばかりであるため、現時点ではこの規定を守るべきであると考えられます。

 

放射線療法

放射線治療後は、乳がんの再発リスクやほかの補助療法の必要性を考慮したうえで、

特別なWash out期間を設けることなく妊娠を検討してもよいと考えられています。

乳房温存術を受けた後に照射を受けた患者においては、対側の乳房からは安全に授乳できることが確認されているほか、

授乳自体が乳がんの再発リスクを高めることや、児への影響はないと現時点では考えられています。

 

現時点ではこのようなガイドラインが定まっていますが、

がん治療については、ヒトゲノム研究と相まって、さらに加速度的な治療方法が開発されています。

常に最新の情報にUPDATEする必要があるといえます。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 精液検査結果とがんの罹患率の関係について
  2. 男性の肥満と体外受精・顕微授精の妊娠率との関係
  3. 実際の初期検査の流れ
  4. [男性不妊]男性が気をつけるべきことは精巣の温度を上げないこと!…
  5. 不妊女性の子宮環境が出産に与える影響について
  6. 論文紹介 凍結融解卵巣組織移植による赤ちゃん95名誕生
  7. 出産・流産・死産後の次の妊娠までの期間について
  8. 生殖心理カウンセリングコラム:職場に治療のことを伝えるかどうかに…

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP