基礎知識

膣内射精障害とは

男性の方の不妊原因は大きく、

精子を作る過程で問題がある造精機能障害がメインとなりますが、

最近ではEDなどの性機能障害も多くの方に診られるようになりました。

 

また、最近では射精障害という問題も注目されています。

その中でも膣内射精障害ということにフォーカスしたいと思います。

 

膣内射精障害とは


膣内射精障害の前にまずは射精障害について理解する必要があります。

男性の射精障害というと、大きく分けて、

早漏

遅漏

ED(勃起障害)

があります。

 

勃起障害については、以下から確認いただけます。

生活習慣病と男性不妊(勃起障害)について

一般的には、多くの射精障害の問題は勃起不全と早漏だといわれておりますが、

最近になって多くなっているのが遅漏の問題であり、その最たるものが膣内射精障害です。

 

一般的に男性の性機能は年齢と共に鈍化していくと考えられており、

若いうちは早漏気味で、加齢と共に遅漏となっていくと考えられています。

晩婚化が進んでいる現在では、徐々に加齢の問題も増えるのもうなずけます。

実はこの遅漏、不妊とは非常に根深く関係しています。

早漏は射精されるまでの時間が短いということなので、射精はされますが、

射精できないという状況はある意味で絶対的な不妊となってしまう可能性があるからです。

その中でも重症度が高いのが、膣内射精障害です。

 

膣内射精障害というのは、マスターベーションでは射精できるのに、

膣内では射精できないという状況です。

膣内射精障害にも種類があり、多くは心因性といわれますが、機能的な問題に起因するものもありますが、

そうした原因は、例えば間違ったマスターベーションによるものであったり、

過激なアダルトビデオの存在であったりすると考えられています。

 

具体的には

過度な刺激を求めたマスターベーションが習慣づいてしまうと、

女性の膣の圧力では満足することができずに、射精することが出来ないということになってしまう。

過剰な演出に性的興奮を求めてしまうと、通常の性行為では満足できなくなってしまうというものです。

 

また、ここでの忘れてはならないポイントの一つが、

この男性の射精障害の問題は、夫婦の問題であるということです。

「私は魅力的でないのでは・・・」

と考えてしまう女性がいても不思議ではなく、

それがきっかけでセックスレスになってしまったという例も少なくありません。

性がオープンに語ることが少ない日本では難しいことかもしれませんが、

ご夫婦の間では、こうした情報はぜひ共有できると良いですね。

 

これらの治療方法には現在標準的な薬物療法はなく、

どちらかというとセックスセラピーであったり、TENGAなどのサポートグッズを用いて、

射精できるようにトレーニングしていくという方法があります。

 

カウンセリングも有効な機会が多いといわれています。

膣内射精障害には必ず自覚症状がありますから、不安な方はいつでもお声がけいただければと思います。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 予告 2018.09.04 妊孕性温存に関する講演会実施
  2. 卵巣組織凍結に関する院内勉強会
  3. フーナー検査
  4. 子宮内膜受容能検査(ERA)とは
  5. 全粒粉を摂取することで子宮内膜が厚くなる
  6. 妊活や不妊治療を始める最適な時期
  7. よくある質問:胚を複数移植することはできますか?
  8. ホルモン検査などの採血に関するよくある質問

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP