基礎知識

顕微鏡下精索静脈瘤手術が保険適応となります

当院では、男女ともに診察をしております。

男性の治療の中で多いものは、乏精子症の方などに行う精索静脈瘤手術と

無精子症の方に行う精巣内精子回収術(TESE)です。

当院では、平成30年厚生労働省告示第43号の告知を受けて、

精索静脈瘤手術を保険適応といたしました。

これによって、顕微鏡下精索静脈瘤手術の費用のうち患者さんの負担はおよそ4万円程度になるものと思われます。

また、上記は片側の場合ですので、両側の手術となりましたら、2倍となります。

 

術前術後の検査やスケジュール、費用などについては、

受付スタッフまでお問い合わせください。

 

精索静脈瘤は男性不妊の40%の原因を占めていると考えられているほか、

二人目不妊の原因の78%は精索静脈瘤が原因とも報告されています。

 

当院での成績では、精索静脈瘤の手術を受けたおよそ60%の方に

精液所見の改善を認めています。

妊娠成績について

 

従来よりも費用負担が下がったことは、患者さんにとっての福音となると思います。

参考:精索静脈瘤とは

参考:精索静脈瘤低位結紮術

参考:二人目不妊とは

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 卵子凍結の治療成績についての報告(英国)
  2. 痩せと妊娠 その後について
  3. 子宮卵管造影(HSG)
  4. 季節によって妊娠しにくい? ビタミンDと日照時間の影響について
  5. 甲状腺機能異常による不妊
  6. 慢性子宮内膜炎の原因不明不妊とART反復着床障害への影響
  7. 不妊症患者におけるビタミンD不足と自己免疫疾患の関係について
  8. 妊娠・出産のために必要な卵子の数について考える

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP