基礎知識

原坊の朝顔の種

今年もこの季節がやってきました。

 

「原坊の朝顔の種」

(写真は仙台院の待合ルームのカウンターです)

 

原坊の朝顔の種を、皆様はご存知でしょうか。

実は、このブログで初めてご紹介した患者さんのお声も

原坊の朝顔の種にちなんだものでした。

Happy Letters 卒業された患者さまからのお便り

 

サザンオールスターズでおなじみの桑田夫妻。

奥様の原由子さんは、子供のころに卵巣嚢腫によって、

片側の卵巣を摘出していたこともあり、

「子供はできにくい」

と診断されていたようです。

 

あるときの見つけた朝顔の種を持ち帰り、大切に育てた原さんは、

その後朝顔が花を咲かすころ、赤ちゃんを授かったといわれています。

 

その幸せを他の人にもということで始まったのが、この原坊の朝顔の種といわれています。

それももう30年以上前のことです。

 

より多くの人に語り継がれていったほしいですね。

ご希望の方はスタッフまでお申し付けください。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 良好胚(初期胚)と子宮内膜との相互作用
  2. 精液の質と乳製品の関係について
  3. EndomeTRIO検査:新たな着床関連検査開始のお知らせ
  4. 不妊治療と仕事の両立に向けて -不妊白書2018から見えること-…
  5. ビタミンDとがんの関係
  6. 慢性子宮内膜炎の原因不明不妊とART反復着床障害への影響
  7. よくある質問:禁欲期間は必要ですか
  8. 男性の食事のパターンと精子の質の関係

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP