基礎知識

PCOSに対しての排卵誘発剤の選択

当院にはPCOSの方が多くいらっしゃいますが、

PCOSの薬剤の選択についていくつか紹介したいと思います。

 

PCOS患者さんに使用する薬剤について


PCOSに使用される薬剤は、クロミッドかフェマーラ(レトロゾール)と考えられますが、

まず一つ研究を紹介したいと思います。

New England Journalという雑誌がありますが、非常に世界的にも権威のある雑誌です。

そこで過去掲載された内容を紹介します。

Letrozole versus Clomiphene for Infertility in the Polycystic Ovary Syndrome

(多囊胞性卵巣症候群における不妊症に対するレトロゾールとクロミフェンとの比較)

※日本語で記載があるので一般の方にもわかりやすいです※

 

この研究は二重盲検多施設共同試験で行われました。

つまり、どちらの薬剤を服用しているか、ご本人もわからない状態です。

女性 750 例をフェマーラ投与グループまたはクロミッド投与グループに 1:1 の割合で無作為に割り付け,最大5周期の治療を行いました。

排卵と妊娠を確認するための受診日を設定し,妊娠した女性については経過を追跡しました。

参加者は 18~40 歳,

少なくとも片方の卵管が開存しており,

子宮腔が正常で,

精子濃度が 1,400 万/mL 以上(男性因子なし)

一定期間での性交回数が行われました。

 

結果として、生児獲得率がフェマーラ投与群のほうが高いという結果が得られました。

(374 例中 103 例:[27.5% 対 376 例中 72 例:[19.1%)

先天奇形全体に有意差は認められなかったが,

レトロゾール群では重大な先天奇形が 4 例認められたのに対し,クロミフェン群では 1 例であった。

と報告されています。

 

このことから、世界的にはPCOSの第一選択はフェマーラという方向性が示唆されています。

 

一方で別の意見もあります。

上記にもあった先天奇形が過去にフェマーラでは問題になったことがあったためです。

(現在では、多くの安全な出産の例が報告されており、安全性は確保されていると考えられます)

 

フェマーラの元の使用対象と目的は、閉経後の乳がん患者です。

そのため目的外処方ということになり、日本での治療では「自由診療」ということになります。

フェマーラを使用すると、周期全体の検査に係る費用もすべて自費となりますので、

かなり高額になることが否めません。

 

一日でも早く生殖医療に利用できる標準的な薬として、

フェマーラが登録されることを願います。

 

それまでは、クロミッドとフェマーラはこうした情報を開示しながら、

患者さんにお選びいただくことになるのだと思います。

 

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 腸内フローラについての研究:エンテロタイプ
  2. 祝!400回目の投稿 これまでのTOP10の紹介
  3. 子宮外妊娠とは
  4. 着床前診断(PGT-M&SR)とは
  5. Clinicsサミットへ参加しました!
  6. 【告知:高輪院】自己注射指導のビデオ指導化について
  7. HappyLetters vol.76 卒業された患者さまからの…
  8. 生化学的妊娠・化学流産について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP