基礎知識

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とサプリメント:コエンザイムQ10の効果について

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の患者さんは、その特徴上、成熟卵子が育ちにくいために、

排卵誘発剤を用いた治療が行われることが多く、現在ではクロミッド(クロミフェン)

あるいはフェマーラ(レトロゾール)が一般的に使われるのではないかと思います。

多嚢胞性卵巣症候群

今回は、クロミッドがききにくいと思われる方々へのコエンザイムQ10の有効性について

発表している論文について紹介します。

 

PCOSの患者さんへのコエンザイムQ10併用療法


以下の研究について紹介します。

Combined coenzyme Q10 and clomiphene citrate for ovulation induction in clomiphene-citrate-resistant polycystic ovary syndrome

Reprod Biomed Online. 2014 Jul;29(1):119-24

 

PCOS患者でクロミフェンが効きにくい(クロミフェン抵抗性)101名153周期の方を

クロミフェンとコエンザイムQ10を併用するグループ

クロミフェン単独で使用するグループ

とでランダムに分け、その結果を比較するという研究が行われました。

 

コエンザイムQ10について詳しく知りたい方はこちらを確認ください。

コエンザイムQ10とミトコンドリアについて

 

結果の良し悪しを判断する尺度としては、

卵胞数

血中エストラジオール

血中プロゲステロン

子宮内膜の厚さ

排卵の有無

妊娠率

流産率

を用いて行われました。

 

結果としては、

卵胞数:併用したグループは14mm以上、18mm以上の小卵胞の数が有意に高かった

血中エストラジオール:併用グループの方が高い

血中プロゲステロン:併用グループのほうが高い

子宮内膜の厚さ:8.82mm対7.03mmで併用グループのほうが高かった

排卵の有無:併用グループのほうが高い(併用グループ:65.9%[54/82]、単独グループ:15.5%[11/71]

妊娠率:併用グループのほうが高い(併用グループ:37.3%[19/51]、単独グループ:6.0%[3/50]

という結果が得られたとのことで、この論文では、

クロミフェンがききにくいというときにhmg-hcg療法へ移行する前に、この治療を考慮すべきではないかと結んでいます。

 

一方で、同じ年に発表されている内容として、

PCOSの患者さんへの内服薬治療には、レトロゾールが標準的に使用されるべきという考え方もありますので、

詳細はドクターと相談されて進めていくのが良いと思います。

 

コエンザイムQ10自体は安全性も高い成分であるため、補充することにデメリットはないと考えます。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. AZF欠失検査とは
  2. 不妊症男性のその後の精液所見
  3. 顕微授精の有効性とPiezo-ICSI(ピエゾイクシー)について…
  4. 新鮮初期胚移植と新鮮胚盤胞移植によって生まれた子どもの出生体重に…
  5. 祝!400回目の投稿 これまでのTOP10の紹介
  6. 体外受精の安全性 乳がんとの関係
  7. 男性不妊診断 オトコを守る10か条 -ライフスタイル編-
  8. 不妊治療を受けていても、自然妊娠する可能性はあります

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP