基礎知識

男性の肥満と体外受精・顕微授精の妊娠率との関係

妊娠しやすい体作りというと、ついつい女性のテーマとお考えになる方も多いのではないでしょうか。

不妊の原因は男女半々といわれていますから、もちろん男性にも関係していることです。

今回は、男性の体重、その中でも肥満と妊娠の関係について解説したいと思います。

 

過去の男性の肥満関連の記事は以下から確認いただけます。

男性不妊と食事 肥満の関係について

 

男性の肥満(BMI30以上)と不妊の関係について


大前提として、肥満と不妊には大いに関係があり、男性だけの問題でもありません。

肥満と不妊に関する基本的な情報は以下から確認いただけます。

肥満と不妊の関係について

今回紹介する研究はシステマチックレビューおよびメタ解析といわれるもので、

複数の研究をまとめて、膨大なデータの中から解析をおこなったというものです。

Effect of male body mass index on assisted reproduction treatment outcome: an updated systematic review and meta-analysis

Reprod Biomed Online. 2018 Feb 2

対象は、1966年から2016年に実施されたもので、14,372サイクルを含む11の研究から解析されました。

結果として、男性のBMIは、IVF-ICSIの結果に影響を与える重要な要因となり得ると結んでおり、

臨床妊娠率(CPR)で22%、生産率(LBR)で12%の低下と関連していました。

 

男性の肥満は男性の精液所見と関係しています。

一般男性全体と比べ、肥満者は1.66倍不妊になりやすく、

体外受精を実施する不妊男性では、生産率が35%低下、流産や死産が10%増加していたという報告があります。

 

肥満男性では精子の奇形率やDNAの損傷率が上昇したり、

ミトコンドリア機能が低下したりと、これらが不妊や生産率低下の原因と考えられます。

 

肥満は男女共通の問題ですし、食事や運動ということでは、家庭で解消できるテーマです。

治療を始める前に、まずはご自身の健康的な生活を送りましょう。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 全粒粉を摂取することで子宮内膜が厚くなる
  2. 慢性子宮内膜炎の治療効果の大規模解析
  3. 新年のご挨拶&Happy Letters Vol.52…
  4. 食べ物と子宮内膜症 -お肉とお魚-
  5. 人工授精の注意点や体外受精との違いについて
  6. 小児期の体重の管理と将来の不妊症との関係
  7. 祈る気持ちが妊娠につながるという考え方
  8. Happy Letters Vol.41 卒業された患者様からの…

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP