コラム

生殖心理カウンセリングコラム ドラマ「隣の家族は青く見える」第8話から考える妊活心理

こんにちは、生殖心理カウンセラーの菅谷典恵です。

ドラマも佳境に入ってきました。

 

※前回分(第7話)は以下からも確認いただけます。

生殖心理カウンセリングコラム ドラマ「隣の家族は青く見える」第7話から考える妊活心理

今回は、いよいよ体外受精にトライしましたね。

採卵室と採卵後にお休みするリカバリールームは、当院の施設で撮影されました。

治療の様子は当院と異なるところがたくさんありますが、

オレンジのベッドに見覚えのある方もいらっしゃると思います。

今回は切ない話題が多くみられました。

いくつかピックアップしていたいと思います。

 

「親にも褒められてことがないから、褒められても疑ってしまう。親からは子どもができたときだけ褒められた。」

自信のなさから強気に見えてしまうお母さんの発言ですね。

誰かから褒めてもらうことはとてもうれしいことです。

でも人から褒めてもらうだけが、自分を認める根拠ではありません。

以前「過大評価のススメ」という記事を書いたことがありますが、自分で自分を褒めてあげるということも大切なことだと思います。

頑張ったときは、よく頑張ったと認めてあげてください。

自分に優しく、そして他人にも優しく。

参照:過大評価のススメ

 

「もっと甘えてよ~」

これは深田恭子さんがお姑さんの高畑淳子さんから言われる言葉です。

関係性としては微妙かもしれませんが、一般的に「人に甘える、頼る」というのは能力の1つです。

上手に伸ばしていってあげたい部分です。

1人ですべて背負うということは、どのようなことに関しても無理があります。

適切に人を頼る、助けを求める、というのはコミュニケーションの進化系です。

自分の状況を伝えなければ手伝ってもらうことも難しいですよね。

自己を開示し、共感を得て、協力を引き出すわけです。

治療で気持ちの余裕がないとき、パートナーをはじめ職場の方など、いろいろな方の力を借りてみましょう。

プロにアウトソーシングするという考え方もあります。

換気扇の掃除ができなくてイライラしそうだったら、専門の方にお願いするということもできます。

お金と労力と心理的な解決はセットです。

これは治療中だけでなく、妊娠中、出産後もますます重要になります。

当院ご卒業前の方とのカウンセリングでは、出産後の準備について詳細に話し合います。

 

「事情が変わったり、立場が変わったりしたら、言うことややることが変わるのは当然。」

これもお姑さんの発言です。

深田恭子さんの勤める職場で、妊活をしている人を批判している人もいつ妊活をする側に回るかわからない、

だから相手の状況を批判的に見るのではなく思いやりを持って見守りましょう、と思いたくなることがありました。

ほかの場合にも同じように考えられることがたくさんあります。

世の中、自分の関与しないことの方が圧倒的に多いので、謙虚でありたいと反省したくなります。

 

実際に当院の患者さまでも

「この治療をしてみて、子どもが産まれることがどんなに奇跡的なのか良く分かった。

すぐに妊娠してしまったら、そのありがたみがわからなかったかもしれない。

だからこそ、産まれてきてくれたら大切に大切に感謝して育てたい」

こうおっしゃる患者さまが多いです。

経験したからこそわかること、大事にしたいと思います。

 

番外編として、高橋メアリージュンさんがパートナーの息子にかけた言葉は良かったですね。

「リョウタを残して死ぬの、悔しかったと思う、無念だったと思うよ。

心配で仕方なかったと思う。だからお母さんはそんなこと気にしてないよ。」

自分ではわかっていることも、人から言われると納得できることがあります。

彼女の役はなかなか肝が据わっている女性です。ハッとするセリフが多いですね。

次回予告もドキドキさせられるものでした。

ドラマの行方を見守りたいですね。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

菅谷典恵

菅谷典恵

投稿者の記事一覧

臨床心理士、生殖心理カウンセラー、がん・生殖医療専門心理士
京野アートクリニック(仙台、高輪)にて生殖心理カウンセリングを担当。
治療のことはもちろん、仕事と治療の両立、ご夫婦の考えの温度差、あらゆる人間関係など、どのようなご相談でもお受けしています。
治療もプライベートも快適に過ごすためのサポートとなるようなカウンセリングを目指しています。

関連記事

  1. 妊活イベント2017開催に向けて
  2. 習慣性流産・不育症の方は精神的ストレスが高いのか
  3. 生殖心理カウンセリングコラム ドラマ「隣の家族は青く見える」第9…
  4. コーヒーの摂取と妊娠成績との関係
  5. 生殖心理カウンセリングコラム 不妊治療は夫婦一緒に受診しましょう…
  6. よくある質問「冷え性は妊娠しにくいですか?」  
  7. 生殖心理カウンセリングコラム:ドラマ「隣の家族は青く見える」第2…
  8. 妊娠のための努力は必要でしょうか?

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP