コラム

Happy Letters Vol.36 卒業された患者さまからのお手紙

卒業された患者さまからのお手紙をご紹介しています。

不妊治療で真っ先にあがる質問が

「痛み」「不安」

についてです。

やはり痛みや怖さは、不安になりますよね。

 

今回のお手紙は、そうした痛みや怖い部分、不安な部分に、一緒に向き合い、

無事に卒業されていった方から頂きました。

 

 

 

(以下、原文ママ)

 

早発閉経と言われ、通い始めの頃は

「もう私に妊娠は不可能なのではないか」

と思わされ、いつも診察室で大泣きしていました。

 

いつも担当してくださっていた橋本先生。

オペ台でも怖がって泣いていた私でしたが、

素早く的確な採卵、移植をしてくださった京野先生。

すぐ泣く私をなぐさめてくれたたくさんの看護師さん。

本当に本当にありがとうございました。

きっと元気な赤ちゃんを産みます!!

P.S 2人目も2回目の奇跡信じて、泣きながら頑張りますので

よろしくお願いします。

 

(お手紙はここまで)

痛みも不安も個人差がありますが、全くないという方はほとんどいらっしゃいません。

そうした痛みや不安が少しでも少なくなるように、採卵の針を細いものにしたり、

注射の仕方を変えたり、採血のトレーニングをしたり、心理的なアプローチを学んだりと

日々研鑽を重ねています。

 

不安なことなど、いつでもスタッフまでお声がけくださいね。

一緒に乗り越えていきましょう。

 

素敵なお手紙をありがとうございました。

 

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 社会的卵子凍結が推奨されない理由
  2. 漢方勉強会@高輪
  3. 生殖心理カウンセリングコラム ドラマ「隣の家族は青く見える」第9…
  4. 妊活セミナーレポート 7月22日@高輪院
  5. 凍結期限更新のためのご来院について
  6. 認知行動療法を利用された方の声
  7. 肥満と体外受精の成績の関係について
  8. 京野アートカフェへのお誘い

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP