コラム

受付部での取り組み 接遇研修その②

前回に引き続き、高輪院受付部での接遇研修の様子をレポートします。

 

当院には様々な患者さまがいらっしゃいますが、そのすべての患者様の入り口と出口は

 

受付部が担当することになります。

 

患者様一人一人に異なった背景があるため、単に機械的な対応では失礼にあたりますし、

一方で、誰に見られても、恥じることない立ち居振る舞いやマナーも欠かせません。

 

今回もプロの講師をお招きして、各スタッフの自己紹介をはじめ、様々なワークが行われました。

 

①第一印象チェック

 

いつも一緒に働いている同僚であっても、改めての自己紹介はいつもと違う緊張感がありました。

自分自身の仕事のモットーを紹介しますが、一人一人が何を大切にしているか、

それを知るだけでも非常に意味深いことですね。

 

撮影した内容を自分を含むすべてのスタッフと一緒に振り返るシーンでは、

自分自身では気が付かない様々なことが得られました。

 

②相互チェック

自分自身では自覚していない「癖」などもたくさんあります。

スタッフ同士、ペアになってそれぞれに指摘をすることができました。

 

治療に直接的な影響を与えることはないかもしれませんが、

受付スタッフだからお手伝いできることも、きっとたくさんあると思います。

 

チームワークの医療を目指して、これからもスタッフ一同努力していきます。

おかかり中の患者様は、何かございましたら、ぜひお声がけくださいませ。

 

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 排卵障害と漢方
  2. カフェイン アルコール・カフェインと不妊について
  3. よくある質問:治療中は楽しみなことを我慢してしまう
  4. 「選択」に正誤はない -自分に優しくできないあなたへ-
  5. 妊娠のための努力は必要でしょうか?
  6. 生殖心理カウンセリングコラム:ドラマ「隣の家族は青く見える」第1…
  7. [高輪院]ご予約・変更方法の改定について
  8. メルマガ会員登録400名&投稿600回目

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP