よくある質問

妊娠率を確認するときの注意点

患者様から多くのリクエストをいただき、現在当院の妊娠成績をまとめており、

近日公開させていただきます。

 

妊娠率を確認する際には、実に様々な注意点が必要となるため、

数字だけが注目されて独り歩きすることが無いように、

ポイントを押さえていただくとよいと思います。

 

過去のエントリーは以下から確認ください。

妊娠率についての誤解 その①

妊娠率についての誤解 その②

①治療件数を確認する

日本は不妊治療のクリニック数が600程あり、世界で最も多いといわれています。

しかし、日本の治療件数のうちの80%は実際には上位約20%の施設で実施されています。

2013年の報告では、年間治療件数が300件以下(1日1件程度の治療)の施設数が296施設あるといわれています。

 

ARTの治療の成功には技術的な習熟が欠かせません。

その習熟のためには、治療件数が一定必要になります。

 

また、治療件数が少ない状態での妊娠率は、1件の増減だけで、大きく妊娠率が変わってしまうことも少なくありません。

確率だけでなく、治療件数も確認するとよいでしょう。

 

②年齢を知る

治療成績に影響を与えるのは、技術力だけではありません。

患者さまの年齢も不妊治療にとっては、重要な要素です。

妊娠率の内訳を確認するようにしましょう。

特に35歳や40歳を区切りに妊娠率は大きく変わるので注意が必要です。

 

③分母と分子を確認する

施設によって、採用している分母と分子は違うことがあります。

 

大きく分けて

採卵→移植→化学的妊娠→胎嚢確認→出産

というステップがあります。

 

当院の場合、移植に対しての胎嚢確認での妊娠率を発表していますが、

当然、化学的妊娠を分子とすれば、妊娠率は高くなりますし、出産を分子とすれば低くなります。

また、採卵から移植の間に起こることも正しく理解しておきましょう。

仮に100個採卵できたとして、成熟するか、受精するか、胚盤胞まで育つのか、

というステップを経ていくと、胚盤胞の地点では25個程度になります。

ここで「75」個が脱落してしまっているということは忘れてはいけませんね。

採卵あたりの妊娠率というのも大切な指標です。

 

妊娠率は高すぎても、低すぎても、何か理由があるケースがあります。

まずは正しい知識を持ち、妊娠率について偏りのない理解をしていただけたらと思います。

そして、もちろん、確率だけがすべてではありません。

不妊治療は通常の風邪などとは異なり、比較的長期の治療となります。

スタッフやクリニックの雰囲気や立地様々な視点で、ご自身に合うかを検討してみてくださいね。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 要点を整理する よくある質問 サプリメントについて
  2. 祈る気持ちが妊娠につながるという考え方
  3. 妊娠のメカニズムから不妊原因を知る 前編
  4. スペインドクターの勉強会 2018.09.11
  5. AMHとテストステロンの関係
  6. 体外受精とライフスタイルの関係について
  7. タンパク質が多く含まれる食品の摂取とART成績の関連性
  8. 出産・流産・死産後の次の妊娠までの期間について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP