基礎知識

月経異常 月経随伴症状について

月経異常は、無月経のほか、稀発月経や月経痛などが含まれる非常に広い概念です。

今回は、月経に付随する様々な症状について解説していきます。

 

月経困難症とは


月経時には、何かしらかの症状はあり、60-80%の女性に認められています。

その中で社会生活に、支障をきたすものを月経困難症といいます。

 

月経時に下腹痛、腰痛などが強く、仕事や家庭生活などに支障をきたすような状態で、

その他、頭痛や吐き気、精神的な苦痛などの症状も含まれます。

 

機能的月経困難症と器質的月経困難症があります。

 

機能性(原発性)月経困難症

10代から20代前半の分娩経験がない女性に多く見られる症状です。

この症状の原因は、プロスタグランジンの過剰分泌によるものが多いとされています。

機能性月経困難症には、低用量ピル、インドメサシンなどの消炎鎮痛剤が有効です。

 

器質性月経困難症

子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫などの疾患に伴って起こる月経困難症を指します。

初経年齢の場合には、子宮発育不全、子宮奇形なども考えられます。

この症状の場合には、もともとの子宮内膜症などの疾患を治療することが、そのまま月経困難症の治療に結びつきます。

 

月経前緊張症とは


月経前緊張症は、月経前症候群ともいわれます。

月経の数日から10日前より下腹痛、腰痛、頭痛や体重増加などの精神的あるいは身体的症状で、

月経の開始と共に消失していきます。

原因には様々ものが挙げられていますが、いまだ不明というのが正しい表現だと思います。

プロゲステロンの過剰説、エストロゲンの過剰説など様々です。

治療として、低用量ピルによって排卵を抑制することによって、症状を除去することができますが、

心理療法や精神安定剤投与、利尿剤の投与などもあります。

このような症状が気になる際には、お近くの婦人科で一度検査を受けてみるのがよいでしょう。

 

 

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. フェマーラ(レトロゾール)を用いた凍結融解胚盤胞移植について
  2. 不妊症患者におけるビタミンD不足と自己免疫疾患の関係について
  3. 夫婦一緒の診察が基本
  4. ホルモン検査などの採血に関するよくある質問
  5. 精索静脈瘤について
  6. 妊娠率の基礎知識
  7. よくある質問:基礎体温の高温期って?
  8. 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と不妊予防について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP