Happy Letters

Happy letters Vol.14 卒業された患者さまの声

当院で二人のお子様を授かり、卒業された患者さまからのお手紙を紹介いたします。

 

(以下、原文ママ)

今、体験談をすやすやと眠る息子のそばで書いています。

私は第一子(女子)も京野さんで授かりました。

人工授精8回するも妊娠には至りませんでした。

夫婦共に以上は見られませんでしたが、私が40歳になっていましたので最初から顕微授精を勧められました。

スケジュールは順調に進み、妊娠判定をもらい、H24年66月にはクリニックを卒業し、12月に帝王切開にて出産しました。

ですので、今回妊娠を望んだら順調に卒業?と簡単に考えていたら通院は1年7カ月にも及びました。

 

妊娠判定は出るものの2回の流産いずれも8週目で心拍確認できず、悲しくて涙涙でした。(2回目は染色体異常あり)

今回の妊娠は凍結胚移植での妊娠。つわりもさほどなく、順調に進み、38w2dで帝王切開で出産しました。

仕事も続けていましたので、職場と家族の理解がなければ、

通院・妊娠はかないませんでした。

治療は費用もかさみ、体のつらさもたくさんあると思いますが、

自分自身が強い意志を持つことだと思います。

心は何度も折れましたが、頑張ったからこそ主人に息子を抱かせてあげられたと思います。

44歳での出産で終わってみると妊娠時が懐かしく感じられ、

幸せなまん丸お腹だったなーとしみじみ思います。

私達の今後は主人は48歳、私は44歳ですので、

子供たちのために健康で長生きし、楽しく過ごすことが目標です。

今、つらい治療中の方々にも幸せが訪れますように。

(お手紙はここまで)

 

この方も幸い、治療が順調に進みましたが、実はこうした例というのは少なくありません。

不妊の原因を調べる検査がすべて正しくなされておらず、不妊原因がわかっていないまま、治療をされているケースもあります。

原因がわかる場合にはそれに対応した治療を、原因不明の場合にはステップアップやステップダウンを。

十人十色ではあるものの、外せない検査や治療があり、それができる病院、できない病院があります。

そのためもあって、「不妊治療は、とりあえず近くの病院で」というのは勧められないといわれるのですね。

 

2回の流産を経験されているからこそ、強い意思の持ちよう、心の在り方が大切だというのは

とてもありがたいメッセージです。

ご卒業、本当におめでとうございます。素敵なお手紙をありがとうございます。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. Happy Letters vol.73 卒業された患者さまから…
  2. HappyLetters 特別編 卒業された患者さまからのお手紙…
  3. Happy letters vol.57-59 卒業された患者様…
  4. Happy Letters vol.96 卒業された患者さま(3…
  5. Happy Letters Vol.77  卒業された患者さまか…
  6. Happy Letters vol.87 卒業された患者さま(4…
  7. Happy Letters vol.102 卒業された患者さま(…
  8. Happy Letters vol.113 卒業された患者さま(…

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP