妊孕性温存について考える

  1. 乳がんと妊孕性温存について

    女性のがんの種類の中でも、乳がんは罹患数が多いことで知られています。実際に、2010年のデータでは、女性のがん罹患数全体の約20%を占めているという報告がされていますし、30歳代から40歳代の女性も多く罹患しており、2010…

  2. 妊孕性温存について

    ベルギーの妊孕性温存の専門家、Donnezによる卵巣凍結保存についての論文を紹介します。Ov…

  3. 卵巣凍結とは

    妊孕性温存の手法の1つとして注目されている卵巣凍結。その高い妊孕性温存、副作用などについて解…

  4. 日本に必要な卵巣凍結を実施する拠点数について考える

    ASPIRE2017@Kuala Lumpur今回のASPIRE(アジア太平洋生殖医…

  5. 精子凍結の有効性について

    今回は以下の論文を参考にしつつ、精子凍結の有効性について考えてみたいと思います。 Muller …

PAGE TOP