妊孕性温存について考える

  1. 妊孕性温存における情報提供について

    がん・生殖医療外来や妊孕性温存外来が日々広がっています。がんの治療技術が目覚ましく発達し生存率が高まっていることから、がんサバイバーの方々のQOLを高めていく必要があります。そのための妊孕性温存という選択肢です。…

  2. 乳がんに関する基礎知識

    妊孕性温存を考える上で、現在最も多いのは、乳がん患者への妊孕性温存の適応です。そのため、生殖…

  3. 泌尿器がん患者への妊孕性温存について

    泌尿器がん患者への妊孕性温存について妊孕性温存は女性だけでなく、男性にとっても存在し…

  4. 採卵を行う事で化学療法の開始は遅れるか?

    妊孕性温存とランダムスタート法についての新しい論文が発表されているので紹介したいと思います。…

  5. 乳がん患者における妊孕性温存療法の時間的猶予について

    当院では妊孕性温存に取り組んでいます。そのため、患者さまから時々上がる質問として、「妊孕…

PAGE TOP